人気ブログランキング | 話題のタグを見る

県立新津工業高校にて「食でショッキング~」ワークショップを実施しました。_c0167632_14175617.jpg


県立新津工業高校にて「食でショッキング~」ワークショップを実施しました。_c0167632_14182065.jpg


県立新津工業高校にて「食でショッキング~」ワークショップを実施しました。_c0167632_14183963.jpg


2月17日、 県立新津工業高校にて1年1組40名を対象に
「食でショッキング~」ワークショップをおこないました。

この日は県立新潟女子短期大学のワークショップも同校1年生を対象におこなわれました。

詳細な活動レポートは後日行います。

スタッフ にいつ
# by iuip-nuis | 2009-02-17 12:50 | ワークショップ派遣報告

活動レポートは現在、作成中のつもりなんですが…


スタッフ にいつ
# by iuip-nuis | 2009-02-17 10:30 | ワークショップ派遣報告

クロアチアじこみの「非暴力ワークショップ」を体験しました。_c0167632_143646100.jpgこの日のファシリテーター
クロアチアじこみの「非暴力ワークショップ」を体験しました。_c0167632_1437219.jpgこの日の参加者

2月14日(土)この日、世間はバレンタインデーでしたが、
国際交流インストラクターでは、午後をまるまる使って
クロアチア平和学研究センター エミナさんによる「非暴力ワークショップ」を体験しました。

時間は13:00-17:00、参加者はゲストも含めると14名。
長いと思われそうですが、実際「あっ!」という間にすぎました。
通訳の時間がかかったということもそうですが、

「非暴力」ということを考えようとするとやっぱり半日では足りないのでした。

内容はだいたい以下のような感じです。

イントロ 自己紹介 このWSに期待するもの、期待しないもの

1 暴力/非暴力で連想するものをあげていく←ブレインストーミングというものです。

2 暴力かな?非暴力かな?ということを考えるようなセンテンスについて、
  「賛成」「反対」「どちらでもない」自分の立場を考え、一直線上に自分の立場をおき、
  その後、それぞれの意見を述べる。


  例)自分を守るためには暴力を使ってもよい
  例)消極的であるくらいなら暴力的であるほうがいい
  例)自分は暴力的だ あるいは 非暴力的だ
  例)同僚が喫煙者の場合、同僚は仕事場で喫煙をしてはならない
  
など・・

クロアチアじこみの「非暴力ワークショップ」を体験しました。_c0167632_14393696.jpg

  (話し合う参加者たち。質問されて悩んだりしていました。)


3 暴力のタイプについて説明

4.暴力の連鎖について説明
  加害者・被害者・傍観者のトライアングル
  誰しもがこの3者の役割を持つということの確認

5・ 非暴力の説明

6.非暴力を全員の体で表現

7.加害者・被害者・傍観者のロールプレイング

クロアチアじこみの「非暴力ワークショップ」を体験しました。_c0167632_14423944.jpg

(ワークのようすを紹介)

感想は「時間が足りなかった」「もっと話がしたかった」「通訳大変だった」など
ありますが
とにかく非暴力とは「なにもしない」ことではなく、「選択」であり、
創造的で建設的なもの、近づいていくもの
というエミナさんにはやはり普通の24歳には感じ得ないパワーと覚悟を感じました。
「白黒つけられないところに可能性がある」ということにも元気をもらえました。

参加した者は英語でのコミュニケーションを頑張ったというほかにも
普段は考えないような「暴力」というテーマをより深く学び、議論したため
「頭を使った!」「考えた!」とワイワイ感想を言っていました。
皆、ときには辞書を引きながらも、自分の言葉で話そうとしました。

クロアチアじこみの「非暴力ワークショップ」を体験しました。_c0167632_1453436.jpg

(通訳にも挑戦しました)

実践的なワークショップの技術を学べたと思います。


エミナさんは新潟が大好きになったといって、
「ありがとう」「どういたしまして」など少しの日本語を覚えて帰って行きました。

仲良くなったので今度はクロアチアの非暴力トレーニングに招待されるかもしれません!
インストラクター海外研修も夢ではなくなってきました。


BY スタッフ にいつ
# by iuip-nuis | 2009-02-14 13:00 | インストラクターニュース

新潟市立赤塚小学校にて「時間割から見える世界」WSを実施しました_c0167632_9374090.jpg

  この日のアイスブレーキングは、じゃんけんで円をつくるゲームでした。

新潟市立赤塚小学校にて「時間割から見える世界」WSを実施しました_c0167632_9382789.jpg

  最後のじゃんけん!

新潟市立赤塚小学校にて「時間割から見える世界」WSを実施しました_c0167632_939033.jpg

  部屋の四隅クイズ!全問正解者はいたのか?!

新潟市立赤塚小学校にて「時間割から見える世界」WSを実施しました_c0167632_9394460.jpg

  自分たちの一日の生活を書いてもらっています。細かく書いてくれました。

新潟市立赤塚小学校にて「時間割から見える世界」WSを実施しました_c0167632_9402382.jpg

  タイで考えられる一日の生活スタイルの紹介です。



ここではワークショップを行った学生たちが後日赤塚小に送った感想を掲載します。

======================

今年度からインストラクターに参加し始めたので、少し緊張していました。
しかし、子どもたちの元気な姿を見て、そんな不安が一気に消し飛びました。
問いかけに対して、子どもたちが元気に反応してくれて、とても嬉しかったです。
(インストラクター やぎ)

今までの派遣で3つの小学校をまわる機会がありましたが、今回感じられたのは、子どもたちの積極性と他を思いやる気持ちが自然と出ていたことです。WSの中身的にも気付かされた点がありましたが、私個人として人としての大切なことも思い出させてもらいました。このクラスで、色んなWSを通して様々な世界を一緒にみていけたら、面白いなと思いました。今日は本当にありがとうございました。
(インストラクター ほんま)

赤塚小の児童たちは、とても反応がよかったです。いい点にも気づくのが早くこちら側からすると、とてもやりやすかったです。
また、6年生以外の児童も挨拶がしっかりしているという印象を受けました。
どうも、ありがとうございました。
(インストラクター おだ)

赤塚小学校の6年生の皆さんとWSを行って思ったことは、とても積極的で、皆自分の考えをしっかりと持っているなということでした。思っていた以上に、様々な意見を出してくれたので、私達にとっても勉強になった、とても良い時間となりました。ありがとうございました。
(インストラクター おしき)

赤塚小の子たちはとても積極的で、WSをする側としてもとてもやりがいを感じるWSでした。児童一人一人がいろいろな発見し、僕自身も様々な点に気づくことが出来ました。今回気付いた点を次回に生かしていこうと思います。
(インストラクター かたおか)

生徒さんたちの第一印象は、「元気な子たちだな」でした。それは最後まで変
わりませんでした。こちらからの投げ掛けにすぐに答えてくれたり、意見をたくさん出してくれたりして、とても嬉しかったです。できたらまた、赤塚小のみんなとワークショップを行いたいです。
(インストラクター ばば)

赤塚小学校の児童さん達は話しを聞くときは聞き、動くときは思いっきり動く、
意見を出すときはビックリするくらいたくさんの意見を出す。というように活発的で聞き分けが良くWSがとてもやりやすかったです。
ただもっと時間があればもっと話せたのになぁと少し残念でした。
(インストラクター しらい)

赤塚小学校の子どもたちは、きちんと目を見てお話ができ、しっかり意見を言えるという、すばらしい子たちだと思いました。また、とても積極的であり、元気に返事をしてくれるなど、とてもよい印象を受けました。学校のある地域が同じということもあり、ぜひ今後も交流をさせていただきたいと思いました。
ありがとうございました。
(インストラクター なんば)


===============
# by iuip-nuis | 2009-02-13 10:15 | ワークショップ派遣報告

この日は、県立新潟女子短期大学、敬和学園大学のインストラクターと
新発田市立東豊小学校にて6年生を対象にワークショップを行いました。

新発田市立東豊小学校にて「世界の家庭みぃつけた」ワークショップを実施しました_c0167632_161246.jpg

             最初の自己紹介シーンです。

新発田市立東豊小学校にて「世界の家庭みぃつけた」ワークショップを実施しました_c0167632_1611839.jpg

             進行役の二人。

新発田市立東豊小学校にて「世界の家庭みぃつけた」ワークショップを実施しました_c0167632_1613130.jpg

             実物を使ってのワーク。

本学のインストラクターは「世界の家庭、見ぃつけた!」というテーマのワークショップを行いました。

改訂版!「世界の家庭みぃつけた―世界の三大食事作法―」初お披露目 in 東豊小学校。
冷静さを装いながら、内心はバックバク…でのワークショップスタート。

まずは自己紹介&アイスブレーキングの「みんなでピンポン玉運んじゃおっ」ゲーム!

ここでは、スプーンの上にピンポン玉を乗せて運ぶというゲームをチーム対抗で競い合いました。
それまで少々大人しい目だった生徒も他チームには負けないぞ!と言わんばかりの盛り上がり。

そして、本題へ…
さすが6年生、イタリア・中国・インドの国旗&位置もズバッと答えちゃいます!
また、私たちの期待に応えるかのように、細長~いインディカ米(実物)に食いついてくれました。
嬉しいかぎりです。

WS後の生徒からは「楽しかった」との声も聞けて大変良かったです。
食事作法(はし/ナイフ・フォーク/手)が世界に興味を持つ一つのきっかけなることを願っています。


スタッフ にいつ
# by iuip-nuis | 2009-02-12 10:40 | ワークショップ派遣報告