人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2021年9月2日(木)
@新潟市立真砂小学校
対象:6年1組26名、2組26名、3組25名
『学校に通えない子どものヒミツ』
(世界の不平等)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営学部3年の利根川亮真です。

新潟市立真砂小学校において、格差・貧困チームとして
『学校に通えない子どものヒミツ』というタイトルで、
教育格差をテーマにワークショップを行ってきました。

当日は参加してくれる子どもたちの元気が良く、
すぐに私の緊張も解け、一緒に教育格差について考えながら
チームファシリテーターとして活動できたと思います。

ワークショップの中で、教育格差を解決するためには
どうしたらよいかと問いかける活動がありました。

教育格差について事前に少し学んでいた私たちには考え付かないような
「人の意見を尊重する」
「学校以外に勉強できる施設をつくる」
「差別や人を傷つける行いをしない」など、
教育や学校に関するものだけでない、
柔軟で幅広い意見をたくさん出し真剣に考えてくれました。

自分で想定していた反応や考え、アイデアだけでなく、
とてもオリジナリティのあるものや、
素直な意見がたくさん出たように感じました。

今回のワークショップを通じて、
問いかけることだけがファシリテーションではなく、
参加者がじっくり考える時間を待つことも、
重要なことなのだと実感することができました。

ただ活動を進めるだけの問いではなく、参加者のアイデアを一緒に味わい、
楽しんで学びを深められる問いを投げかけられる
ファシリテーターになっていきたいと思うことができました。

とっても楽しくて勉強になるワークショップでした。

byファシリテーターとねがわ

# by iuip-nuis | 2021-09-02 14:00

2021年9月2日(木)
@新潟市立真砂小学校
対象:6年3組25名
『「違う」って楽しい!?』
(多文化共生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
経営情報学部4年の瀧澤悠です。
私たち多文化チームでは、9月2日に『「違う」って楽しい!?』というタイトルのもと、
新潟市立真砂小学校の6年3組の皆さんとワークショップを行いました。

今回のワークショップでは、世界旅行をテーマに行い、
世界を旅行する中で様々な文化に触れ合ってもらいました。
特に、インドの手食文化を紹介する劇では、皆が集中して観てくれたため、
次の「なぜ手でものを食べるのか」という問いを考える良いきっかけとなっていました。

また、今回のワークショップでは、パスポートを使って世界旅行をしてもらいました。
自作のパスポートを持って帰る児童さんがたくさんいたので、
今回の活動を受けた記録として残すことができたと思います。

今回のワークショップの反省として、
「知らない文化についてのクイズをする際、考えるフックが無く、
文化紹介として成立していたのか」というものがあります。
今後の派遣では、直していけるようにチームのみんなで頑張っていきたいです。

今回は、私たちのチームとして初めてのワークショップでした。
今までたくさんミーティングを重ねてきたものが、
このように形となってとても嬉しかったです。

最後に、新型コロナウイルスが流行している状況の中、
様々な対策をしたうえで開催していただき、大変ありがとうございました。

byファシリテーターたきざわ

# by iuip-nuis | 2021-09-02 14:00

2021617日(木)

@本学 国際交流センター

講師:三上杏里氏

講演タイトル:NVC RPG

------------------------------------------------------------------

こんにちは。

新潟国際情報大学3年の西方健人です。


今回は新潟国際ボランティアセンター(通称:NVC)の三上杏里さんを講師にお招きして、SDGsとは一体何なのか、NVCという団体はどんな活動をしているのかなどを講演していただき、NVCで実際に行われているロールプレイングゲームを実際に体験しました。

SDGsとは20159月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標で、17の大きな目標と、それらを構成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

SDGsという言葉はよく耳にしますが具体的な歴史などは分からなかったのでとても勉強になりました。



国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_15415429.jpeg
















●新潟でできる国際協力のお話を聞かせていただきました!


次にNVCという団体がどんな活動をしているのかを教えていただきました。

NVC(新潟国際ボランティアセンター)は、新潟を拠点として国際協力をするNPO団体です。 NVCでは、国際協力活動を通じ、地球と新潟のより良い「未来」と「発展」のために国境を越えて人々が力を合わせるための環境づくりをしており、ベトナムの貧しい子供たちに教育・奨学金・技術支援、心のサポートを行うことにより、子どもたち自身に未来を切り拓く力をつけてもらうため活動を行っている団体です。



国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_15412504.jpeg

















●みんなその役になりきってセリフを言います



実際にNVCが行っているロールプレイングゲームを体験しました。

内容としては国や境遇が異なる4人の登場人物になりきって、その子の体験をするというものです。体験して思ったことは、4人とも最初はネガティブな考えで消極的でした。しかし、段々と自分の将来や生活面に希望を見出していきました。


国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_15433056.jpeg

















●いつの間にか、役にはいりこめるのがロールプレイングのすごいところ!!



これを通して、最初から無理だと思わず、自分の興味があることや、やってみたいことに対して一歩踏み出して挑戦することの大切さや他者とのコミュニケーションの大切さを学びました。とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました



Byインストラクター 健人


# by iuip-nuis | 2021-07-20 15:53 | ファシリテーターニュース

2021年6月5日(土)
@上堰潟公園(新潟市西蒲区)
講師:小原賢二氏
講演タイトル:大自然の中でチームビルディング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、国際文化学部3年の坂爪知香です。

6月5日に、授業のプログラムの一環として、
上堰潟公園にてケニーさんこと小原賢二さんのワークショップに
参加させていただきました。

国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13041150.jpg

内容としては、まずケニーさんから「チーム」についてのお話を聞き、
その後チーム対抗で公園内を散策しながら協力して様々なミッションを
こなしていく活動を行い、振り返りをする、という流れでした。

序盤のお話では「チーム」とは何か、というものから始まり、チームを組み、
そのメンバーと共にかつどうする時に重要となってくるポイントを
教えていただきました。

お話を聞いた上で、メンバー全員の今の気持ちを共有する
「チェックイン」という活動を行い、自己開示することで、
場が和み、意見が言いやすくなることを実感できました。
国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13045645.jpg
公園内を散策する活動は、指定された場所を探して写真を撮影したり、
先生方のいるチェックポイントでゲームに挑戦したりしながら、
どのチームが最も多くのポイントを獲得できるのか競うものでした。
国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13051932.jpg
自然の中を歩くことはとても気持ちがよく、協力してたくさん写真を撮ったり、
ゲームをしたり出来たので、チームでの思い出の1つとなりました。

最後の振り返りでは、ケニーさんからのお話や今日の活動を元に、
自分たちは今後どのようなチームを作っていきたいのか、
ということについて話し合いました。

私自身も、チームに貢献できることを考えながら活動していきたいです。

普段と違う場所に集まり、様々な体験を通してメンバーの
新たな一面が見えたことで、チームの仲がより深まった時間でした!

byファシリテーターちか
国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13053620.jpg
国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13054453.jpg
国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13055152.jpg
国際交流ファシリテーター2の授業において講師の方にお越しいただきました!_c0167632_13055730.jpg

# by iuip-nuis | 2021-06-05 14:00

2021年2月26日(金)
@新潟県立翠江高校
対象:1,2年生17名
『コロナから見る差別~差別を知ったこれからの私~』
(異文化理解)
・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、国際学部1年の関之山琴海です。

私たち異文化理解チームは、2月26日に新潟翠江高校で
「コロナから見る差別~差別を知ったこれからの私~」というタイトルの
異文化理解に関するワークショップを1、2年生17名を対象に行いました。

ワークショップでは、まず、チーム分けをするために
バースデイリングというゲームをし、自己紹介クイズ、文化クイズを行いました。
次に、大学生による劇を行った後、参加者の皆さんに差別について意見を出してもらいました。
休憩後は振り返りすごろくをし、最後に差別についての意見を共有する、
という流れで行いました。

新潟県立翠江高校においてワークショップを行いました_c0167632_17572654.jpg
















●1年生もチームファシに慣れてきました



翠江高校への派遣では、私はタイムキーパーとして参加しました。
これまでの派遣の時間配分を参考に、先輩の助言もいただきながら、
参加者の様子をよく見て時間配分ができました。

差別について話し合いを行っている時にそれぞれのチームの見回りをしたところ、
差別をなくすには道徳の時間を増やすことが必要だ、という意見を出してくれた学生がいました。
その他にも私たちが思いつかないような意見を多くの生徒さんがたくさん出してくれました。
新たな意見に触れることができ、とても新鮮でした。

今回の派遣だけでなく、全体の派遣を経験して、
チーム全員で試行錯誤しながら何かを作り上げるという貴重な体験をさせていただきました。

また、その内容を小中高生に伝え、一緒になって考えることで、
新たな考え方や支店を派遣することができ、自分自身がより一層成長できたように感じています。

ファシリテーターとして活動した経験はこれからの人生の糧になると改めて実感しました。

新潟県立翠江高校においてワークショップを行いました_c0167632_17563864.jpg
















●最後のワークショップおつかれさまでした!


byファシリテーターことみ

# by iuip-nuis | 2021-02-26 13:30 | ワークショップ派遣報告