新潟県立翠江高校においてワークショップ「自己満足は世界のめいわく」を行いました

9月8日(金)
@新潟県立翠江高校
対象:1年~4年 21名
ワークショップタイトル:
『自己満足は世界のめいわく』
(世界の現実)

・・・・・・・・・・・

こんにちは。
現実チーム②1年の石塚祐輝です。

9月8日に新潟県立翠江高等学校の13人の生徒を対象に、
90分間の「自己満足は世界のめいわく~援助の落とし穴~」
という援助を題材にしたワークショップをやらせていただきました。


内容はまず初めに、アイスブレイクとチーム分けを兼ねて
バースデーリングを行いました。

会話をせずに身振り手振りで誕生日を表現するのは難しく、
きれいに誕生日順には並べませんでした。

c0167632_16285303.jpg

次に、私たちのワークショップのタイトルを知ってもらうために
タイトルパズルを行いました。

これは正解が特にあるわけではなく、参加者に自由に考えてもらうものです。
様々な面白いアイデアがたくさん出てきました。


次に援助とはどんんものかを知ってもらうために援助の説明を行いました。

援助とは
「自分の持っているもの・力を相手の役に立つように差し出すということ」
という意味があることを知ってもらいました。

c0167632_16291980.jpg

次に、東日本大震災をベースに援助の問題について見ていきました。

ここでは参加者には被援助側になってもらい、
実際に東日本大震災の時に送られてきた物資をもとに作った
物資リストの中から送られてきて嬉しいもの・困るものを
それぞれ5つずつ考えてもらいました。

その後、リストのものが全て送られてきたと仮定し、
それらの物資が送られてきてどのように感じたか、
また物資を送った人の気持ちを考えてもらいました。


後半からは、世界の援助を見ていきました。
今回はマラウイでの事例を取り上げました。

マラウイではノートなどの学習用品が援助として送られてきたが
物資の数が足りなくて困ったという問題を紹介しました。


その後参加者に実際にノートを配り、ノートの数が足りない時
あなたならどうするということを考えてもらいました。
破いて配る、交換ノートにするなど様々な考えが出ました。

c0167632_16305135.jpg

私は今回が初めての派遣で、メインファシリテーターを
務めさせていただきました。

最初は緊張してしまい、説明が早口になってしまいました。
しかし、参加者とのコミュニケーションを通じて緊張が徐々にほぐれていき、
ワークショップを楽しむことができました。

今後は今回の反省点を生かし、
より良いワークショップにしていきたいと思います。


byインストラクターいしづか

[PR]

# by iuip-nuis | 2017-09-08 13:00

『マッピー』用ボーダー

柏崎市立鏡ヶ沖中学校においてワークショップ「7億9600万人」「さべつってなんだろう」を行いました

9月7日(木)
@柏崎市立鏡ヶ沖中学校
対象:3年Ⅰ・Ⅱ組 80名
ワークショップタイトル:
『7億9600万人』(世界の現実)
『さべつってなんだろう ~日本人ってきれいずき?』(世界の不平等)

・・・・・・・・・・・

●『7億9600万人』

こんにちは。
現実チーム①1年の小泉きららです。

9月7日に柏崎市立鏡ヶ沖中学校3年生41名を対象に、
「7憶9600万人」という識字についてのワークショップを
100分間やらせていただきました。

c0167632_13455328.jpg


最初に、なんでもバスケットを行うことで心と体の緊張をほぐしました。


次に、「水・薬・毒」という大学生が苦しんでいるのを助けるワークをしました。
参加者の中には初めて見るカンボジアのクメール文字に
「幼稚園児が描いた絵みたい」という方もいて、
どの文字が薬を表すのか真剣に選んでいました。

識字についてのクイズでは、読み書きができない15歳以上の人口や
9月8日が国際識字DAYであることを知ってもらいました。


次に、自分がいつ読み書き計算が身近なもの過ぎて思いつかない、
どうやって文字を文字を学んでいったのか思い出せないくらい
自然なことだったという参加者もいました。

c0167632_12064245.jpg

後半は、カンボジアの女性の例で非識字者の暮らしを知ってもらい、
なぜ読み書き計算ができない大人がいるのか
マインドマップを使いワークを行いました。

個人、ペア、グループと共有の輪を広げて
自分のマインドマップを作ってもらいました。

ここでは個人で静かにマインドマップを作る雰囲気が
ペアやグループのワークにも引きずってしまいました。

盛り上がりに欠けないような工夫が必要だと反省しました。


最後、にユネスコの貧困サイクルを紹介して
非識字者の暮らしについて理解してもらい、全体の感想を書いてもらいました。

今回私はチームファシリテーターをやらせていただきました。

緊張していたせいか、グループの中で話題を盛り上げることができず、
個人ワークでは参加者にヒントとなるワードを
うまく伝えることができませんでした。


今回の反省を生かし、次回のワークショップでは参加者との距離が
縮まるように努力したいです。


・・・・・・・・・・

●『さべつってなんだろう ~日本人ってきれいずき?』

こんにちは。
不平等チーム1年の貝沼智子です。

9月7日に柏崎市立鏡ヶ沖中学校3年生38名を対象に、
110分のワークショップ「さべつってなんだろう ~日本人ってきれいずき?」
という外国人に対する偏見や差別についてのワークショップをさせていただきました。


内容は、初めに、大学生と中学生に仲良くなってもらうために自己紹介をしてもらい、
次に国際理解についてのミニ講義をしました。
そして、アメリカ・中国・インドから1カ国選んでもらい、
その国の人のイメージを絵に描いてもらうワークをしました。

その後、外国人への偏見の動画を見てもらい、
感想を書いてもらって、全体で共有することで、
自分以外の人の意見を知り、新たな発見ができたと思います。

そして、偏見についての説明をしてもらい、
最後に、このワークショップで学んだことや感じたことを挙げてもらい、
全体共有をしました。

c0167632_13453726.jpg

私は、鏡が沖中学校の派遣が2回目でした。
鏡が沖中学校ではメインファシリテーターをさせていただきました。
みんなの前に立ってワークショップを進めていくのはとても緊張したし、
練習通りにいかないことが多くて戸惑いました。

リハーサルでは掴めない生徒の雰囲気などもあり、
うまくいかないところばかりで、たくさん改善点を見つけました。

しかし、私たちのワークショップを受けてくれた生徒のみなさんは、
真剣に取り組むところは真剣に、楽しく活動するところは楽しく、
メリハリのある生徒さんでした。

偏見についてもとても理解してくれて、このワークショップをしてよかったと思いました。


これからもっとたくさんの生徒さんたちに、
国際理解・国際的な差別や偏見について知ってほしいと思いました。

c0167632_13454558.jpg

byインストラクターこいずみ・かいぬま

[PR]

# by iuip-nuis | 2017-09-07 14:00

『マッピー』用ボーダー

阿賀野市立京ヶ瀬中学校においてワークショップ「さべつってなんだろう」を行いました

9月5日(火)
@阿賀野市立京ヶ瀬中学校
対象:3年生 64名
ワークショップタイトル:
『さべつってなんだろう ~日本人ってきれいずき?~』
(世界の不平等)

・・・・・・・・・・・

こんにちは。
国際情報大学2年の玉城瑠衣です。

9月5日に阿賀野市立京ヶ瀬中学校3年生を対象に
110分の「さべつってなんだろう~日本人ってキレイ好き?」
という偏見からくる差別についてのワークショップをさせていただきました。


c0167632_15292958.jpg


内容は、初めにグループ内で大学生が、
大学に進学した理由や大学で学んでいること、
私たちがワークショップをこのテーマにした理由などを話し、
国際理解について説明をしました。


次に、アイスブレイクで椅子取りゲームをした後、
日本人、中国人、アメリカ人の3つの単語からイメージするものを挙げてもらい、偏見と差別という言葉の説明をしました。

その後、日本人が外国人に持つ偏見、差別という内容の動画を見てもらい、
その動画から日本人が外国人に対してどのような偏見を持っていたか、
そこからみられるこうどうはどのようなものがあったかなどを
考えてもらいました。


c0167632_15294614.jpg


今回、「国際理解」という言葉の説明をワークショップ内で取り入れることが
私自身初めてのことでした。

参加者が国際理解について事前学習をしていたこともありますが、
ワークショップの入りとしてスムーズにできたと思います。


反省点として、動画を見せるタイミングやアイスブレイクの細かいところなど、
もう少し工夫できたなと思うところがいくつかありました。

京ヶ瀬中学校でのワークショップは私たちにとって最初の派遣でしたが、
大きな問題はなくワークショップができました。


今後も後期派遣に向け、より良いワークショップができるように活動していきたいと思います。
c0167632_15300400.jpg

byインストラクターたまき

[PR]

# by iuip-nuis | 2017-09-05 13:40

『マッピー』用ボーダー

新潟市立潟東小学校においてワークショップ「7億9600万人」を行いました

9月5日(火)
@新潟市立潟東小学校
対象:6年1組 39名
ワークショップタイトル:
『7億9600万人』
(世界の現実)

・・・・・・・・・・・

こんにちは。
現実チーム① 1年の阿部瑞生です。

9月5日に新潟市立潟東小学校6年生約40名を対象に、
90分のワークショップをやらせていただきました。

内容は、以下の通りです。
まずはじめに、アイスブレイクを兼ねてフルーツバスケットを英語で行い緊張をほぐしました。
次に、「水・薬・毒」という大学生が苦しんでいるのを助けるワークをしました。
ここでは実際に文字が読めない、わからないという体験を参加者にしてもらいました。
c0167632_13193578.jpg

その後、識字についてのクイズを行い、識字の意味を理解しました。

そして、自分がいつ読み書き計算を使うのか身近な例を思い出してから
続いて、その読み書き計算はいつからどのようにしてできるようになったのかを考えました。


後半に入ってからは、カンボジアの女性を例に挙げ世界の人について知りました。

そして、なぜ読み書きができない大人がいるのかマインドマップを使いワークを行いました。
ここでは個人、ペア、グループと三段階に分けてやったので、より深く考えられたと思います。
c0167632_13194413.jpg

私は今回が初めての派遣で、メインファシリテーターをやらせていただきました。

アイスブレイクの説明の部分で言葉が足りなくてチームファシリテーターの人に
助けてもらっていたので、もう少し細かくて簡単な説明ができればよかったと思います。

最初は緊張で戸惑ったりしましたが、
慣れるにつれて参加者と一緒にワークショップを楽しめたのでとてもいい活動になったと思います。

まだ派遣が残っているので、改善点を見つけ
もっといいワークショップになるように活動していきたいです。
c0167632_13192664.jpg

byインストラクターあべ

[PR]

# by iuip-nuis | 2017-09-05 09:30

『マッピー』用ボーダー

2017年度国際交流インストラクターキックオフセレモニーが開催されました

本日、国際交流インストラクターキックオフセレモニー2017が行われました。

8月29日(土)
@朱鷺メッセ中会議室201

☆スケジュール
・委嘱状授与式
・記念講演 講師:インプロパーク主宰/武蔵野学院大学非常勤講師 鈴木聡之氏
・交流会

c0167632_15081883.jpg
c0167632_15082735.jpg


平成29年度国際交流インストラクター委嘱状授与式と共に、
インプロパーク主宰/武蔵野学院大学非常勤講師 鈴木聡之氏による記念講演を行いました。

国際交流インストラクターとして認定された学生は、本年度1年間、
新潟県内の各学校へ派遣され、国際理解ワークショップを行うこととなります。

今後の国際交流インストラクターたちの活躍にこうご期待ください。


記念講演・交流会の様子の写真を一部ご紹介いたします。


c0167632_15100561.jpg
★早口言葉言えるかな?言えなくても・・・OK!!★

c0167632_15095790.jpg
★たけのこ、たけのこ・・・ニョッキぃぃ!!!★

c0167632_15262583.png
★チーム代表のご挨拶(新潟国際情報大学ver.)★


byスタッフらふぁえる


[PR]

# by iuip-nuis | 2017-08-19 13:30

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ