ワークショップ実践論において田村洋一氏、森山千賀子氏の講義を受講しました。

12月6日(木)
@本学 国際交流センター
講師:田村洋一氏(メタノイア・リミテッド 代表)
   森山千賀子氏(メタノイア・リミテッド)
講師タイトル:「創り出すファシリテーション」

***************

こんにちは。新潟国際情報大学2年、現実チームの石塚祐輝です。
12月6日に組織コンサルタントの田村洋一さんにお越しいただき、ビジネス・会議系ワークショップを開いていただきました。

今回のワークショップでは、何かを創造する際の効率的な方法とカネヴィンフレームワークについて紹介していただきました。
c0167632_14460370.jpg
前半では、「creative process」について説明していただき、何かを創造するプロセスについて学びました。私たちが問題を解決するときや何かを想像する際には、
「どうしたらいいのか」
「何が問題なのか」
「何をやりたいのか」などから考えることがほとんどです。
しかし、何かを創造したいときにはこれらのような手段から考えるのではなく、
「どんな結果を創り出したいか」を最初に考えることが大切だと田村さんはおっしゃっていました。

c0167632_14472521.jpg
まず結果を考え、その次に現実をよく把握し、最後にどんな手段を取ったらいいのか考える。この順番で考えることで効率的に結果を創り出すことができます。また結果は理想とは異なり、具体的かつ現実的であり、成功や失敗を測ることができるものであるということも学びました。結果は理想とは異なるという話を聞いて、自分たちがワークショップを創るときにはいつも「参加者にこうなってほしい」というような理想から考えているなと思いました。
理想は実現できないことが多いものであり、ワークショップを通して何かを創造したいときには創り出したい結果と理想を分けて考えることが大切だなと感じました。

c0167632_14482783.jpg
後半では、カネヴィンフレームワークについて紹介していただきました。カネヴィンフレームワークとは、自分を取り巻く環境や出来事を自明系、煩雑系、複合系、混沌系、無秩序の5つの領域に分類し、理解しやすくするものです。

今回はやってみないとわからない複合系について詳しくやりました。「やってみないとわからないことに対しては、実際にやってみるしかない。そのためには取返しのつく失敗を設定し、実施してみることが大切だ」と田村さんはおっしゃっていました。確かに分からないことがあったときには試行錯誤を繰り返して学んでいくことが多いなと思いました。しかし、実際に取り返しのつく失敗を考えてみると、意外に難しいことがわかりました。

c0167632_14504978.jpg
今回の田村さんお話を聞いて、自分たちのワークショップを創る際だけでなく、日常生活にも役立つことを学ぶことができました。今回学んだことを生かして、自分たちのワークショップをより良いものにしていきたいです。

田村さん、ありがとうございました。

 by いしづかゆうき

# by iuip-nuis | 2018-12-21 14:51 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ワークショップ実践論において黒瀬陽平氏の講義を受講しました

11月15日(木)
@本学 国際交流センター
講師:黒瀬陽平氏(ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校 主任講師)
講師タイトル:
「コミュニケーションとアート」

***************

 11月15日(木)のワークショップ実践論にて、美術評論家である黒瀬陽平氏に貴重なお話を伺う講演会が行われました。私自身は芸術やアートに疎く、お堅いイメージを持っていたのですが、黒瀬氏の(良い意味で)ひねくれたと言いますか、「そういう見方があるのか」といった話を聞くことで私の現代アートの概念が覆されました。
 個人的に面白いと感じたことは、一つの作品をただ見るのではなく、その作品に関わるフラグメントも考える、意識するということが現代アートだということです。また、決められたルールの中で起こる予測不能の事態もまた、アートであると学びました。
 一つの例として、将棋などはルールが決まっているにも関わらず、棋士の手によって予測不可能な事態が起こりうります。しかも、素人にはわからない世界において、オーディエンス(この場合は試合を見ている他の棋士)の存在も重要なのです。
c0167632_15435686.jpg
 ここで「決められたルール」という言葉が出ましたが、この言葉こそ現代アートの神髄であるという話についてもう少し掘り下げます。
 温故知新という四字熟語がありますが、新しいことを始める際には全く新しいものを作るだけではつまらないと言います。昔からの歴史や定石を踏まえた上で、その上を行く(または破壊する)ことこそアートと呼べるのでしょう。

 私たちの現状のワークショップでの問題点は、「勉強不足」だと言っているような講義でした。ワークショップという新しいものを作り出す活動において、かつての方法や知識を見直してみることもファシリテーターとして成長するために必要なことだと学べたので、とても有意義な講演会になりました。

by ごとうりょうた


# by iuip-nuis | 2018-12-14 16:55 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟県立小千谷西高校において「世界の果てまでイッテ食う」ワークショップを行いました

11月9日、16日(金)
@小千谷西高校
対象:1年生
『世界の果てまでイッテ食う~食から見る異文化理解~』
(異文化理解)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
国際交流ファシリテーター、異文化理解チームの五十嵐慎吾です。
私たち異文化理解チームは11月9、16日に小千谷西高校でワークショップをひらきました。参加者はいずれも高校1年生の40人で暖かく私たちを受け止めてくれました。

その2日前に行われたワークショップと同じテーマを扱いましたが、
高校生の参加者に対しても楽しく世界の文化について知ってもらえたと感じます。
c0167632_15204868.jpg
しかし、今回の対象は高校生であり、知るだけでは不十分といえると思っています。
今回のワークショップは異文化理解を目的としていますが、社会では「理解」だけではなく、
それを「行動」生かすことが求められます。残念ながら、今回の内容は理解や体験にとどまっているようです。
c0167632_15211623.jpg
この国際理解ワークショップに必要なのは、参加者(ここでは私たちファシリテーターも当てはまります)が真に異なる存在に向き合い、偏見や衝突の絶えない現状を受け入れた上でいかに問題を解決していくのか、という思考力ではないでしょうか。
c0167632_15223452.jpg

今回の派遣はそんな私にそんな気付きを与えてくれました。
今年の活動も残り少なくなりました。これまでの派遣の反省を生かし、参加者の気づきや、一歩踏み出した行動の助けとなるワークショップを生み出したいと思います。

byしんご

# by iuip-nuis | 2018-12-07 15:23 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

三条市立井栗小学校において「世界の果てまでイッテ食う」ワークショップを行いました

11月7日(水)
@三条市立井栗小学校
対象:4年生
ワークショップタイトル:
『世界の果てまでイッテ食う~食から見る異文化理解~』
(異文化理解)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新潟国際情報大学2年 貝沼智子です。
11月7日に行われた三条市立井栗小学校でのワークショップの感想です。

私は、異文化理解チームの「世界の果てまでイッテ食う~食から見る異文化理解~」というテーマで、
食に関するワークショップを行いました。
内容は、世界の果てまで行って食うという名前のもと、
7大陸7カ国ずつの料理が書かれている招待状を作り、参加者のみなさんに配ってチーム分けをして、
大陸ごとのクイズラリーをしました。
その後、アイスブレイクではボール拾いゲームをしました。
このアイスブレイクには、世界の三大食法である、
手・箸・ナイフとフォーク・スプーンといった道具を使ってボールを運んでもらいました。
その後に、肉食をテーマにしたため、虫の動画や画像を見てもらい、話し合いを2つ
「もし好きな食べ物を嫌がられたらどうするか?」
「食事に虫が出たらどうするか?」という議題で話し合ってもらいました。
ワークショップでは、実際にマテ茶やイナゴを出して、参加者のみなさんに実際に舌で味わって感じてもらいました。
c0167632_14460245.jpg
小学校でのワークショップだったため、イナゴを出した時の反応がとてもよく、
みなさん喜んで楽しそうに食べていました。
ワークショップ全体を通して、参加者のみなさんがとても興味や関心をもって参加してくれていて、
ワークショップのやりがいを感じました。
中期ということもあり、バタバタしていましたがよいワークショップができてとてもよかったです。
c0167632_14463835.jpg
中期派遣での反省や経験を活かして、後期の派遣でも全力を尽くして頑張りたいと思います。

byもこ



# by iuip-nuis | 2018-12-07 14:49 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

新潟市立豊栄南小学校にて異文化理解ワークショップを行いました。

9月19日(水)

@新潟市立豊栄南小学校
対象:1~3年生
ワークショップタイトル:
世界の果てまで行って食う~食から見る異文化理解~
(異文化理解)

・・・・・・・・・・・・

こんにちは、国際交流ファシリテーター1年、異文化理解チームの後藤瞭太です。

9月19日に豊栄南小にて、ワークショップを行いました。

対象は1~3年生の30名、全校生徒の人数が少ないということもあり、生徒同士が仲が良く、

ワークショップを受ける姿勢もとても積極的でしたので我々としてもやりやすい環境でした。

c0167632_14311594.jpg


派遣前は先輩や先生でも対象が1~3年生ということはあまり経験のなかったようなので一抹の不安を抱えていたものの、

ワークショップの内容がやや低学年向けということもあり、有意義な時間になったと思います。

また、まだ幼いからこそ浮かぶ柔軟な発想にも驚かされました。

「もし虫が食事に出たらどうするか?」という話し合いの中で、

食べたくはないがせっかく出してもらった料理なので「食べないで虫のお葬式をする」と答えてくれた女の子がいました。

c0167632_14312747.jpg


驚きですよね?私のような18歳のおじさん(小学生から見たら)には到底思い浮かばない発想です。

自分には思い浮かばないような発想を聞けるのがワークショップの醍醐味であり、それが垣間見えたようでとても嬉しかったです。

c0167632_14325208.jpg


これで前期の派遣は終了しましたが、後期にもまだまだワークショップの機会はあります。

何事もトライ&エラー。これまでの経験を存分に活かし、チャレンジ精神をもって臨みたいと思います!

byりょうてぃー


# by iuip-nuis | 2018-10-12 14:33 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ