人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新潟県立燕中等教育学校においてワークショップを行いました

2021年2月20日(土)
@新潟県立燕中等教育学校
対象:3年生
『教育を受けられるって当たり前?!~コロナによってより悪化した世界の不平等~』
・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、1年の竹谷桃花です。
私たち不平等チームは、2月20日に
「教育を受けられるって当たり前?!~コロナによってより悪化した世界の不平等~」
というテーマのもと、燕中等教育学校の3年1組と2組にワークショップを行いました。

ワークショップでは、アイスブレイクや識字ワーク、
温度計ゲームなどの体を動かすワークや、教育格差について、
また新型コロナウイルスで世界の子どもたちの生活がどう変化したのかなどを取り上げ、
教育格差について考えてもらいました。

私は今回もメインファシリテーターとして前半の司会を担当しました。
直接子どもたちと関わることが少なかったのですが、
私が教育格差について説明している時、本当に真剣な眼差しで話を聞いてくれました。
また後ろの方の子どもたちも頷いたりと、
反応をしてくれて私が伝えたいことがしっかり伝わっていて安心しました。

新潟県立燕中等教育学校においてワークショップを行いました_c0167632_18023622.jpg
















●メインファシリテーターがんばりました!

最後の感想部分では「世界の共通言語を作る」など、
私たち大学生では考えられないような意見も活発に飛び交い、
とてもいいワークショップになったと感じました。

また、1回目の2組のワークショップで時間が押してしまい、
1番重要な結の部分があまり時間を取ることができませんでした。
しかし、2回目のワークショップまでの短時間でメイン2人で協力しながら
削る部分など話し合い、1組のワークショップではしっかりと改善することができました。
臨機応変に対応する力が身につき、とてもいい経験になりました。

新潟県立燕中等教育学校においてワークショップを行いました_c0167632_18020553.jpg
















●生徒さんたちが一生懸命考えてくれました!

今回のワークショップで、世界に目を向け、
教育格差を自分事として捉えるきっかけになっていたら嬉しいです。

次回のワークショップで最後となるので、
集大成として有終の美を飾れるように限られた時間で
チームのみんなで協力して最高のワークショップを作り上げたいです。

byファシリテーターももか


by iuip-nuis | 2021-02-20 10:46