三条市立井栗小学校においてワークショップ「さべつってなんだろう」を行いました

12月5日(火)
@三条市立井栗小学校
対象:5年生
ワークショップタイトル:
『さべつってなんだろう ~日本人ってキレイ好き?~』
(世界の不平等)

・・・・・・・・・・・
こんにちは。不平等チームの大川竜矢です。
ワークショップのタイトルは「さべつってなんだろう ~日本人ってキレイ好き?~」です。テーマは、偏見と差別です。
今回の目的は、①偏見と差別の内容と関係性を理解してもらう。②偏見は誰しも何かしら抱いているもので、悪いことではないことを理解してもらいます。


ワークショップの内容は、最初にアイスブレイクとしてお題ゲームをしました。お題は動物に限定し、各グループでできるだけ多くの動物の名前を書いてもらうゲームをしました。すべてのグループが、盛り上がりながらゲームを行っていたので、アイスブレイクとしては成功したと思います。

c0167632_14520364.jpg
次に国際理解についての説明をし、アメリカ人の単語からイメージされるものを絵で描いてもらうワークをしました。絵を描くことに抵抗のある参加者がいたので、今後は絵だけでなく、単語でもいいという呼びかけが必要だと感じました。


その後、あるアパートに住んでいる日本字と外国人がちょっとした出来事から偏見が増えていくという動画を見てもらい、もし参加者がこの日本人の立場なら外国人にどのような行動をとるかを考えてもらいました。

c0167632_14522199.jpg
最後に、偏見と差別の意味を分かりやすく説明するための簡単な講義を行い、今回のワークショップで学んだこと、新しく知ったことなどの感想を模造紙に書いてもらいました。
c0167632_14523822.jpg
今回のチームとしては、4回目の派遣で、対象者が小学生ということもあり、今までのような中学生、高校生向けのワークショップではなく、小学生のワークショップに変えるために、パワーポイントの難しい漢字にフリガナをふったり、なるべく難しい言葉を使わないようにシンプルに分かりやすくするために改善をしました。

全体としての反省点は、準備する時間があまりとれなかったこともあり、当日リハーサルができずに、そのままワークショップを行ってしまったことと、帰り際に道具を置いてきてしまったことです。
この二つを次のワークショップまでには必ず改善しなければいけないと思います。

次回の派遣では、反省点を踏まえ、事前に準備をしっかり行い、ワークをやり方や内容の工夫をしたいと思います。また、ワークの問の方法で参加者の理解も大きく変わるので、そこも工夫していきたいです。

井栗小学校の先生方ならびに児童のみなさん、また引率してくださった推進員の方、本当にありがとうございました。

by おおかわたつや

[PR]

by iuip-nuis | 2017-12-05 10:30 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

<< 新潟市立山潟小学校においてワー... 三条市立井栗小学校においてワー... >>

ブログトップ