人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ワークショップ実践論において池住義憲氏のワークショップを受講しました

12月10日(土)
@中央キャンパス
講師:池住義憲氏 
講演タイトル:
「アウグスト・ボアールの民衆演劇に、チャレンジ!」

・・・・・・・・・・・

こんにちは。
3年の伴内です。

今月10日、池住さんによる
「民衆演劇」のワークショップを受けました。

自分が1年生の時も池住さんのワークショップを受けたことがあり、
その時の池住さんの「国に勝った男」という印象が強烈過ぎて、
またその人に会うことができるのかと思って、
ワークショップが始まる前から少しワクワクしていました。


今回は「民衆演劇」を使ってのワークショップだったので、
前回とは進め方が異なっていましたが、
今回も前回と同じく、これをみんなと一緒に考えたい、
この問題と向き合いたい、というようなテーマを含んだものでした。

ワークショップ実践論において池住義憲氏のワークショップを受講しました_c0167632_15343392.jpg


ワークショップの冒頭、
「印刷機をどう使うか」という問いがありました。

「印刷機?どう使う?なになに?」という
よくわからない感情が脳内を走り続けていました。

人間というのはあまりに普通な問いほど
考え込んでしまう生き物なのだと実感した瞬間でした。
(あくまで伴内の中で)

と同時に、これから一体何が始まるんだという緊張と興奮で
ジワジワ湧きあがってくるものがありました。


前回同様、池住さんによるワークショップから
学んだことや手法が数多くありました。

これはすごいと思ったところはその技術を盗んで、
自分たちが行う今後のワークショップで機会があれば
活かしたいと思います。

いや、絶対活かす。



byインストラクターばんない
by iuip-nuis | 2016-12-10 13:30 | ファシリテーターニュース