六日町高校吹奏楽部の生徒を対象にオープンキャンパスワークショップを行いました

オープンキャンパスin魚沼
6月18日土曜日
@魚沼市地域振興センター

対象:六日町高校 吹奏楽部 7名

・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
不平等チームの浅間一元です。


魚沼でワークショップを行ったのでその感想を報告します。


ワークショップタイトルは、
『Do no harm ~求められるもの~』です。


会場は小ホールで私たちも参加者も
リラックスして臨むことができました。

アイスブレイクも体を動かすものだったので
動きやすかったです。


本ワークショップの目的は 国際支援の盲点に気づき、
理想的な支援とは何か 考えてもらうことでした。


ワークの流れとしては、
まずカンボジアの水不足についての動画を見てもらいました。

次に、その状況に対してどのような支援が
望ましいか考えてもらいました。

参加者の意見として、
井戸を作る、設備を整えるなど、
実際の支援に近いものも出てきました。


その後、カンボジアでの支援が原因で起きた、
ヒ素中毒に関する動画を見てもらいました。

これは、善意で掘った井戸からヒ素という毒素が発見され、
その水を飲んだ人々が亡くなったという動画でした。


最後に、この事件の原因と改善策について考えてもらいました。

難しい問いでしたが、参加者のみなさんのおかげで多様な意見が出てきました。


今回の反省として、
参加者よりもファシリテーターの方が多かったので、
威圧的になってしまいました。


内容面の工夫も大切ですが、
場づくり、グループの空気感等の工夫の大切さを改めて実感しました。


今回の反省を生かして、
今後、より良いワークショップを作っていきたいと思います。


byインストラクターあさま

c0167632_1835979.jpg

[PR]

by iuip-nuis | 2016-06-18 13:00

『マッピー』用ボーダー

<< 国際交流インストラクター演習に... 国際交流インストラクター演習に... >>

ブログトップ