新潟市立赤塚中学校においてワークショップ『これからの<不平等>の話をしよう』を実施しました。

2月21日(金)
@新潟市立赤塚中学校
対象:1年生 48名
ワークショップタイトル:
『これからの<不平等>の話をしよう
 ~「性別」から考えるアンバランスな世界~』
(世界の不平等チーム)、

こんにちは。
新潟国際情報大学4年吉田美都季です。

私たち不平等チームは、2月21日に新潟市立赤塚中学校1年生のみなさんと
「これからの不平等の話をしよう~性別から見るアンバランスな世界~」という
ワークショップを行ってきました。

このワークショップは、鶴を折るというミッションを加えた貿易ゲームが主となります。
このワークにおける折鶴は、現実世界における「家事」などのお金にならない仕事を表しています。
その「家事」をする人が性別によって決められることが多いという不平等を体感し、ワークライフバランスの問題を考えてもらうために、このミッションを加えました。c0167632_18543998.jpgc0167632_1854532.jpg










実際に、鶴をおる人の多くが女子生徒であったため、性別による役割決めを知らず知らずのうちにしてしまっているということを感じてもらえたのではないかと思います。
それがこのワークショップの一番大きな成果です。
折鶴の案を出してくれた中山くんに拍手です!
また、貿易ゲームという既存のワークをアレンジさせることで、新たな可能性を感じました。
いろんなワークをアレンジさせることも一つの技だということを学びました。
c0167632_1901385.jpg

反省点としては、様々なことあげられました。
大きな反省点は2点あります。

c0167632_1913588.jpg
まず、空間の使い方についてです。縦長の教室だったため声が後ろのほうに届かず、後ろにいる生徒さんへのフォローが少なかったことがあげられました。
改善策としては、声を大きくハキハキ出すこと、後ろのほうにも人員を配置すること、メインファシリテーターが動き回りながら話すことなどがあります。
それに加え、ワークショップが始まる前に机やいすの配置を変えておくことが必要だったと思いました。

c0167632_1915151.jpg次にあげられるのは、障害を持つ生徒さんに対する配慮が足りなかったことです。
配慮が足りず、グループワークでの質問内容や貿易ゲーム中に困らせてしまった場面がありました。
今回は事前に打ち合わせを行っていましたが、今後はより深い打ち合わせをすることが大事だと気づかされました。
また、今回の反省をふまえ、派遣校に対する質問内容をマニュアル化するべきだと思いました。

c0167632_19264271.jpgc0167632_19274167.jpg








今回のワークショプは、私たち不平等チームにとって最後のワークショップでした。
メンバーのみんながそれぞれ良いところを発揮し、1年の集大成を見せられたと思います。
そして、私にとっても今回のワークショップが自身のチームで行う最後のワークショップでした。
1年生から4年間を通して、悩み、考え、学びの連続だったように思います。
それぞれの年にいろいろな思いがありますが、今年度の1年は一番濃い思いがあります。
初めてチーム内に後輩がいるチームになったので、正直戸惑うことが多かったで
す。でも、振り返ってみると、チームの後輩4人に私が育てられていたんだと思います。
みんな、ありがとう。
そして、いつもチームのみんなを引っ張っていってくれたさきちゃん。とっても信頼できるから、私まで頼ってしまう時が多々あったよね。伝えられなかったけど、いつも感謝してました。ありがとう。
c0167632_19304020.jpg

4年間インストラクターで学んだことは数えきれません。
その学びを忘れずに日々成長していきたいと思います。
ありがとうございました!

byインストラクターよしだみづき
[PR]

by iuip-nuis | 2014-02-21 08:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

<< 県立新潟商業高校において『Im... 新潟県立五泉高等学校にて3つの... >>

ブログトップ