本学にてJICAボランティアセミナーを行っていただきました。

□JICAボランティアセミナーを聞いて□

こんにちは、異文化理解チーム2年の小林希衣です!
6月28日に行われたJICAセミナーを聞いての感想を報告します。
今回のプログラムはおおまかに分けてJICAボランティア事業の概要説明と、協力経験者による体験談発表、そして質疑応答でした。c0167632_1556780.jpg

○JICAボランティア事業概要○

 まず初めにJICAスタッフの原さんによるJICAボランティア事業の説明が行われました。ここでは派遣までの流れや実際の現地での生活費、国内手当、健康管理制度などのことを
聞きました。JICAボランティアに応募し合格した後、派遣訓練期間が約70日間あります。
 私は、最初は知らない国に派遣に行ってその土地の言語を話せるのか、現地の人と会話ができるのかということが心配でしたが、今回のお話を聞いて70日間もみっちり研修をするので語学の心配をせずに派遣に行けるな、と思いました。私が語学の次に心配していたお金の面でも、JICAから支給されるので安心して行くことができるそうです。

c0167632_15575384.jpg
○体験談発表○

 次に協力隊経験者の関千鶴さんによる体験談発表を聞きました。
関さんはミクロネシアという国に村落開発普及員として派遣され、活動を行ってきました。
ミクロネシアは、一年中夏で平和な国で、雨がとても多く降りますがそんなに冷たくないので現地の人々は傘をささない、と関さんはおっしゃっていました。現地の人々のとてもおおらかな様子が話を聞いていて伝わってきました。

 お話の中で、言葉だけがコミュニケーションの方法ではないことがよくわかりました。現地の人々が普段していること、例えば洗濯などを一緒にすることもコミュニケーションの方法とだと思いました。実際に、現地の人々はこうすることで喜んでくれるのだそうです。
 関さんは、発展途上国で生活することは大変なことはたくさんあり、派遣された最初の頃は、「ここでの生活は無理かも・・」と思っていたそうですが、現地の人々と触れ合うなかで最終的には現地の生活にも慣れて、かけがえのない経験となったそうです。
また、派遣期間が2年というところが重要とおしゃっていました。2年間、外国で暮らせることも意味がある、ということを体験談の最後に話していました。

 今回のセミナーでは、関さんのリアルな体験談が聞けて、たくさんの驚きがあり、ミクロネシアにも興味が出てきました。私の国際交流インストラクターの活動にも大きく関連していると思います。また、機会があればいつか応募してみたいなぁと思いました。

原さん、関さん、ありがとうございました!!

byインストラクターこばやしきえ☆
[PR]

by iuip-nuis | 2013-06-28 16:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

<< インターアクト年次大会における... NPO法人アクション代表の横田... >>

ブログトップ