人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新潟市立万代長嶺小学校にてWS『女はズボン!?男はスカート!?』を行いました。

2月4日(月)
@新潟市立万代長嶺小学校
対象:3年生 52名
ワークショップタイトル:
『女はズボン!?男はスカート!? -身近な異文化理解-』(異文化理解チーム)

こんにちは!異文化理解チームの吉田恵理です。

私達は万代長嶺小学校でワークショップを行ってきました。
三年生約50人と一緒に、体を動かして人数集めゲームをしたり、世界各国のあいさつを体験したりと、終始にぎやかな雰囲気でした。
選んだカードを使っての自己紹介もアイスブレイキングに取り入れてみましたが盛り上がりました。

本題に入った後、私たちのワークショップタイトルにあるとおり、服装に関する異文化に触れてもらおうと、スカート状の民族衣装を着ているスコットランドの男性の写真を見てもらいました。
児童たちは「気持ち悪い」「変だ」とびっくりしている反応でした。
新潟市立万代長嶺小学校にてWS『女はズボン!?男はスカート!?』を行いました。_c0167632_1361826.jpg
                     ●写真を見ています●

しかし、その様な見方では良くないですから、そとあとに、見慣れない文化の人を傷つけないで仲良くなるためにはどうしたらいいか?と問いながらグループでアイデアを出しました。

「あいさつをする」「やさしい言葉を言う」「(服装といった自分たちと違う文化を)誉める、興味をもって聞いてみる」という意見がでました。

このグループワークや世界のあいさつを実際に体験してもらうことで児童たちには、異文化を少しでも理解することができていたのではないかと思います。
また、全体の流れを含め、この異文化理解ワークショップはいじめの問題にも通じるところがあって大変よかったという評価も頂きました。
新潟市立万代長嶺小学校にてWS『女はズボン!?男はスカート!?』を行いました。_c0167632_1365992.jpg
                  ●体を使ったあいさつの様子●

反対にこのワークショップの反省点ですが、日本と違う文化を紹介する際に、その「文化」がどの範囲までなのか、くくりが曖昧な部分がありました。国の中にもまた色々な文化があり、反対に色々な国で共有の文化があるというところまで、認識してもらえなかったと思います。

それから、児童のみなさんが「えー!」と驚くような民族衣装やあいさつを見てもらったときに、なぜそのようになってしまったのか?といった文化の背景や原因の説明が不十分だったと思います。
ちゃんとした理由や意味があるということをわかってもらえたら、もっとよく理解することができたかもしれません。

この反省点を踏まえ、次回はもっといいワークショップをしていきたいです。

byインストラクターよしだえり
by iuip-nuis | 2013-02-04 14:00 | インストラクターニュース