<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

魚沼市立井口小学校においてワークショップを行ないました

2月26日(金)
@魚沼市立井口小学校
14:00-15:30
・・・・・・・・・・・・・・・・


こんにちは。不平等チームの長崎春花です。


私たちは2月26日(金)に、魚沼市立井口小学校の2年生39名を対象にワークショップを行ってきました。

今年度、最後のチームでの派遣でした。

ワークショップタイトルは「あなたの知らないあたりまえ~差別ってなんだろう~」です。

今まであたりまえだと思っていたことに疑問を持ってもらうことと、
差別がどのようなものであるかを知ってもらい、
今後自分がどのような行動をとるのか考えてもらうきっかけを与えることが目的でした。


今回のワークショップで私たちが特に悩んだ点は、
どうしたら小学2年生に分かりやすく、楽しく考えてもらえるワークショップにできるかということでした。


前半では、「料理、洗濯をするのは…」というような身近なお題に対して
自分が持っている、男性・女性のイメージを考えてもらう活動をしました。

他に大学生が演じる劇を観てもらい、性別のイメージを押し付けられることによって嫌な思いをしたり、させてしまうことがあることを知ってもらいました。
c0167632_15522115.jpg


後半では、実際に差別を体験してもらうために、名札の色で児童を分けて特定の色の子たちはゲームに参加できないという活動をしました。

ゲームが終わった後に感想を話し合いました。

児童から

「なんで○○色の子だけ、一緒にゲームができなかったの?」

というような疑問や、

「みんな一緒にゲームができればもっと楽しかった!」

というような、差別と向き合えるような意見が出てとても良かったと思います。
c0167632_1550530.jpg


その後、差別の定義について説明し、アメリカの子育ての仕方を事例に性別のイメージを押し付けることが差別につながる場合があることを知ってもらいました。

ここでは、説明中心となってしまい事例について考えてもらう活動もなかったので、
うまく事例を生かすことができませんでした。

全体の反省として、分かりやすくしようと思い、差別の定義を簡単にしすぎたり、考える活動を省き過ぎてしまったために、私たちが目的としていたことを伝えることができなかったという意見が出ました。

しかし、ワークショップでは最初のアイスブレイクで児童の心をつかむことができ、全体を通して児童が楽しそうに一生懸命考えてくれたので良かったと思います。
c0167632_1551443.jpg


今回のワークショップは、1年間一緒にワークショップを作ってきたチームでの最後の派遣でした。

正直最後だったけれど、良かった点よりも反省点・改善点の方が多かったです。

内容を改善して、もう一度このワークショップをやりたいという気持ちもあります。


今回挙がった反省点は来年度以降の活動に生かしていきたいと思います!



byインストラクターながさき
[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-26 14:00

『マッピー』用ボーダー

県立五泉高等学校においてワークショップを行ないました

2月17日(水)
@県立五泉高等学校
14:10-16:00
・・・・・・・・・・・・・・・・

ワークショップタイトル『あなたの知らない“あたりまえ”~差別ってなんだろう?』


現在感想執筆中。。。
c0167632_15251184.jpg

[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-17 14:10

『マッピー』用ボーダー

県立五泉高等学校にてワークショップを行ないました

2月10日(水)
@県立五泉高等学校
14:10-16:00
・・・・・・・・・・・・・・・・

ワークショップタイトル『日常生活の中にある暴力のカタチ』


現在感想執筆中。。。
c0167632_15323285.jpg

[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-10 14:10

『マッピー』用ボーダー

新潟市立矢代田小学校にてワークショップを行ないました

2月9日(火)
@新潟市立矢代田小学校
10:35-12:10
・・・・・・・・・・・・・・・・

ワークショップタイトル『やってみよう“逆再生”』


こんにちは。不平等・逆再生チームの五井晃です。


私たちは2月9日に市立矢代田小学校の6年生37名を対象に、
「やってみよう逆再生~見えない不平等のシステムを探る~」
というタイトルでワークショップを行いました。


身近にあるモノの製造過程を「逆再生」し、
そこから見えてくる低賃金労働や構造的暴力を
どのように解決していくかを考えるキッカケを作る、という内容です。

はじめにアイスブレイクの代わりとして扱う題材に関心を持ってもらうため
Tシャツを用いたクイズをし、楽しく動きながら交流をしました。

前半までには、製造過程のパネルや世界地図を用いて
Tシャツがどのように作られているのか、
またどの国でどのような人々が行っているのかを考えるワークをしました。
友達と知恵を出し合い一生懸命に考える姿がとても印象的でした。

また、前半の最後に楽しいワークから一変させTシャツづくりの裏側を示すため
「無言のスライド」を行い、一気にテーマに迫ることができました。

後半では「暴力」というものを根本から見つめなおすために
話し合いを中心に個人やグループ、全体で意見を交換し、
あたりまえだと思っていた考えが友達は
そうではないというギャップにとても驚いていました。



全体の反省として、
個人のファシリテーション能力の低さやリハーサル不足などが挙がりましたが、
個人として、またチームとして成長が感じられた
最後のワークショップとなりよかったと思います。


By インストラクターごい
[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-09 10:35 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

加茂市立須田中学校にてワークショップを行ないました

2月5日(金)
@加茂市立須田中学校
10:40-12:30
・・・・・・・・・・・・・・・・

ワークショップタイトル『やってみよう“逆再生”』


現在感想執筆中。。。
c0167632_16214747.jpg

[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-05 10:40

『マッピー』用ボーダー

新潟市立赤塚小学校にてワークショップを行ないました

2月4日(木)
新潟市立赤塚小学校
14:10-15:45
・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
不平等チームの畔上翔太です。

私たちは2月4日に新潟市立赤塚小学校の6年1,2組を対象にワークショップを行いました。


ワークショップのタイトルは「やってみよう!''逆再生''~見えない不平等のシステム~」です。

c0167632_16142970.jpg


私たちが普段買っているTシャツなどの製品はどんな場所でどんな人によって作られているのか、
その行程をさかのぼっていくことで低賃金労働など構造的暴力を引き起こしているシステムに迫り、
その問題をどのように解決していくのか考えることが目的です。


前半ではTシャツクイズやTシャツの製造過程をさかのぼるワークなどで参加者に興味をもたせ、
後半でそれらの過程に存在する構造的暴力について考えるワークを行いました。


最初に行ったTシャツクイズでは、参加者が積極的に動き、答合わせで一喜一憂するような場面がみられ、
この後のワークへのよい導入になったと思います。

Tシャツ製作の行程を並べ替えるワークでは時間配分が思い通りにいかず、少し時間が伸びてしまいましたが、
内容としてはチームで話し合って協力する場面が多く見られたように思います。

その後のグローバリゼーションの説明パートではパワーポイントをうまく活用して動画のようなものを作りましたが、
参加者にとっては内容よりも動画の暗い雰囲気に少し怖がっており、見せ方に工夫が必要だと感じました。


休憩をはさんだ後に、暴力、とりわけ構造的暴力についての説明をしました。

しかし、内容的にも参加者である小学生にはわかりにくいものであったと感じました。


最終ワークである構造的暴力の解決を話し合うワークでは、直前の難しい説明で参加者に理解しきれなかったという反省もありましたが、チームファシリテーターが参加者からうまく意見を引き出し、参加者もよく考えて意見を出していたように感じました。


ワークショップ全体はよい流れで進めることができました。
特に後半のワークは前期派遣とは大きく変更したものでしたが、これといった失敗もなく進行することができました。

反省点としては、各ワークのつながりが悪い、構造的暴力の説明が難しい、発表の位置に気を付けなければならないなどが挙げられました。

悪かった点よりは良い点のほうが多く、充実したワークショップであったと思います。
反省点はしっかりと改善し、良かった点はさらに伸ばせるように、今後の派遣に生かせるようにしたいです。


byインストラクターあぜかみ
[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-04 14:10

『マッピー』用ボーダー

新潟市立江南小学校においてワークショップを行なってきました

2月2日(火)
@新潟市立江南小学校
① 8:40-10:15
② 10:35-12:10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは! 世界の現実チーム、2年生の小林諒です。

2月2日、新潟市立江南小学校で、6年1組と6年2組を対象に、ワークショップをおこなってきました。
その感想を報告します。



ワークショップのテーマは『平等な命〜僕と君は何が違うの〜』です。
シリアに関する映像や、命の見方を考えるゲームを使いながら、普段あまり意識することのない命と向き合ってもらいました。


6年1組。
元気のいい児童を集めたようなクラスでした。
紛争に巻き込まれていく女の子の映像を見た後、

「もし、自分の住んでいるところが紛争地になったら、何が出来なくなる?」

と問いかけたとき、

「店が壊れて食べ物が買えなくなる」
「そしたらお腹が空いてケンカになっちゃうんじゃない」
「怖い」

など、お互いに紛争というものを想像しあっている姿が見られました。
身近にない出来事について、考えてもらうことが出来たと思います。


6年2組。
活発な児童を集めたようなクラスでした。
命の見方を考えるゲームでは、バスが故障して困っている5人の乗客のうち、3人だけ自分の車に乗せることが出来たとしたら、誰を選ぶのか考えてもらいました。
バスの乗客はそれぞれ色んな事情を抱えています。

発表のときには、

「将来がかかっている人だから」
「恩を返すため」
「遅れたら色んな人に迷惑がかかるから」

など、様々な理由が挙がり、対立しました。
自分は一体どういう基準で人を見ているのかについて、少しだけでも気付いてもらえたのではないでしょうか。


熱心な児童たちに助けられることが多かったと思います。目的と手段をはっきりさせ、ワークショップを受けてくれる人が考えやすい・やりやすいようにしていきたいです。


byインストラクターこばやし
[PR]

by iuip-nuis | 2016-02-02 08:40 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ