<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

新潟翠江高等学校においてワークショップ「構造的暴力の中の私」を行いました。

1月16日(金)
@新潟翠江高等学校
対象:1~4年生
参加人数:午前8名 午後25名程度
ワークショップタイトル:
『構造的暴力の中の私~サリーはなぜ八十吉になったのか』
(世界の不平等:ドラゴンチーム)

こんにちは。不平等チームの浅間一元です。
1月16日に翠江高校でワークショップを行いました。
その感想を報告します。

今回のワークショップでは、「普段私たちが生活している中で、気付かないうちに
目に見えない暴力(構造的暴力)を支えていることに気付いてもらう」という事を目標に行いました。
c0167632_17351553.jpg

内容では、日本の制度について知ってもらうクイズや、日本の制度を多面的に考察し制度について参加者の考えを引き出すワークなどを行いました。

午前のワークショップでは、参加者が少数であったことから、雰囲気づくりや語句説明などを丁寧にすることができました。難しい問いに対しても、参加者の皆さんが良い意見を多く出してくれたので、目的を達成できたと思います。
c0167632_1736460.jpgc0167632_17361823.jpg





c0167632_1737055.jpgc0167632_17371379.jpg








午後のワークショップでも同じ内容のものを行いました。午後は午前よりも人数が増えたため、雰囲気づくりに時間がかかりましたが、参加者の皆さんのおかげで良いグループワークができました。

問題点としては、グループワークの問いが難しかったため意見が出にくかった点、帰化についての話し合いが不十分であったので、どのように帰化と構造的暴力をわかり易く伝え、考えてもらうかという点などです。

楽しんでワークショップを行えた反面、これらの課題も見つけたので
次のワークショップでは課題を直しつつ、さらに良いものを作っていきたいと思います。

byインストラクターあさま
[PR]

by iuip-nuis | 2015-01-16 10:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

本学「推薦入試合格者入学前スクーリング」においてワークショップを実施しました。

1月11日(日)
@本学 学生食堂
対象:高校生(推薦入試合格者) 140名程度
ワークショップタイトル:
『学びの主役はあなたです。』

今年度の「推薦入試合格者入学前スクーリング」は、参加者を学部で分けずに同じ会場にてワークショップを行いました。
今回司会をつとめた2人の感想を紹介します。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 こんにちは。インストラクターで4年生の、今城貴大です。
1月11日に、今年度の推薦入試に合格した高校生を対象に、ワークショップを行いました。
c0167632_1817587.jpg

テーマは、「大学の学びを考える(学びの主役はあなたです。)」です。私は、同じくインストラクターで1年生の小林諒君と共に、司会者として参加しました。
 ワークショップの内容は、4マス自己紹介(各グループで)、共通点探し、ランキング付け(お題は「世界平和に必要なもの」で行いました)、まとめ、という流れで進めました。
c0167632_18201258.jpg

 私は、ランキング付けと、まとめの部分を担当させてもらいました。ランキング付けをやっている間、会場の周りを回って参加者の様子を見ていたのですが、ファシリテーターの大学生を含め、みんながそれぞれ自分なりに考えながら8つの項目を並び変えたり、新しい項目を増やしたりして、楽しく参加していた感じでした。そして、ワークショップの後、各グループの結果を見ると、どのグループも答え(並べ順)に違いが表れていました。このワークでは、答えは一つではなく、たくさんあるという事を伝えたいという目的があったので、この目的を達成できていたのではないかと感じています。
 この活動が、参加者が大学生活を送っていく中で、思い出してくれればいいなと思いました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

こんにちは、国際交流インストラクター一年の小林諒です。
今回のワークショップは「大学での学び」がテーマでした。高校と大学の「学び」はどこがちがうのか、それを感じてもらえるような内容にしました。
六~七人のグループに分かれてもらい、各テーブルに一人ずつほど大学生がつきます。
c0167632_18204563.jpg

初対面の人が多いため、緊張した様子の高校生もいましたが、「四マス自己紹介」を通じて少し打ち解けてくれたかなと思います。アイスブレイキングでは「共通点探し」をやってもらい、なんと十七個も共通点をみつけてくれたグループもありました。次のワークでは「世界平和に必要なもの」を考えてもらいました。百名を超す高校生が一斉に作業をする姿はとても印象的です。発表をする時間はありませんでしたが、ワークショップ終了後に大洋紙を見えるところに置き、昼食をとりながらどんな意見がでたか確認できるようにしました。答えが一つではないことを、他のグループの大洋紙を見て感じてもらえたかと思います。
c0167632_18211065.jpg

今回司会をやって気づいたことも多く、反省をもとに次回につなげていきたいです。最後には笑顔を見せてくれる高校生もいたので、実りあるワークショップができたと思います。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

インストラクターいまき&こばやし
[PR]

by iuip-nuis | 2015-01-11 11:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ