<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

議会報告会(中央区)でのワークショップにおいて、進行役や各テーブルのファシリテーターをつとめました。

11月30日(日)
@本学 中央キャンパス

中央区の議会報告会は、市議会議員と大学生とのグループワークが行われ、進行役と各グループのファシリテーターは大学生が担当しました。
c0167632_1649158.jpg

ファシリテーターとして頑張った8人の学生たちの中で、司会進行をつとめた2人の感想を紹介しようと思います。

★吉田恵理さん★

4年生の吉田です。
c0167632_16533627.jpg今回の市議会報告会では国際交流インストラクター事業に携わって初めて学生以外の方も参加するワークショップのファシリテーターを務めることになりました。
その反省と、このワークショップの意味について考えてみました。

ワークショップ冒頭は私自身緊張してしまいましたが、他の学生や議員の積極的な参加により、楽しく進めることができました。
(会場に置いたお菓子やドリンクも場を和ませてくれました。)
ワークショップの内容は、新潟市の抱える問題をどう解決していくか、で進めて
いましたが、新潟市の課題は日本全体の課題とも共通していると感じました。
具体的には、人口流出・少子化・医療と介護、雇用・市街地活性化・公共交通の6つのテーマにグループワークを行いました。
特に介護、少子化のテーマを扱ったグループは、難しいテーマだったと思いますが、学生側から意見や疑問がたくさんあがっていました。
一方で、市街地活性化や公共交通についてのテーマを扱ったグループでは、新潟市の特徴を踏まえた具体的な意見が多く出ていました。
一応テーマごとにグループを分けていましたが、全部のテーマがそれぞれ関わっていることが見えてきてより問題の複雑性を感じました。
c0167632_16545642.jpg
全体的に見て、学生からも「時間が足りない」という感想があった通り、学生と議員の議論が活発なため、なかなか話合いが終わらない、進まないという印象でした。
しかし、それだけ新潟市が抱える課題は複雑で、議論には時間がかかるということだと思いました。短時間であれど、この場で出てきた学生の意見が市議会に反映されることを願います。
それで初めてこのワークショップは意味を持ってくると思います。

このことは、通常私たち国際交流インストラクターが小中高で行うワークショップにも同じことが言えます。
しかし、今回のような学生と議員が直接議論することは貴重な機会です。
そうした場でほとんどの学生が発言し、それを議員が聞くという、その意味では十分有意義な時間であったと思います。
原則として、学生と議員は対等な立場で話し合うことになっていましたが、やはり緊張している学生もちらほらいて、ファシリテーターの私の役割として、そうした緊張をはやく和らげていたならば、もっと良いグループワークができただろうと思います。

参加学生には、選挙権を持ったばかりの学生や、これから選挙権を持つ学生もいます。
中には全く政治に興味が無い学生もいたと思います。
しかし、こうした機会によって自分の住んでいる街や政治に関心を持つきっかけになるはずです。
楽しんでいた学生も多かったです。
こうした活動は今後も継続して欲しいと思います。

byインストラクターよしだえり

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

★大沼竜二くん★

 はい、おにぎりです。11月30日(日)、中央キャンパスで新潟市議会の議会報告会ワークショップを行いました。
 今回のワークショップでは学生と市議会議員が意見を交換し合ったり、時には不満や本音を学生からぶつけたりして、新潟市が抱える様々な問題を考えていきましょう!という主旨だったのですが反省点がいくつかありました。
c0167632_1733057.jpgc0167632_1734458.jpg







 個人的に最も大きな反省は、「学生の雰囲気が堅かった」という点です。政治家、というものと初めて会って萎縮した、という学生もいましたし、テーマが非常に真面目だったという感想もありました。しかし、だからこそメインファシリテーターが雰囲気を作る必要があったと思います。また十分に予測できたことであり、事前的な対処のしようがいくらでもあった気がします。これらの反省点を生かすのであれば、ただ改善するだけではなくこういった場を恒常的に設けていければと思います。
また、この規模のテーマで話すならばもっと時間をとってワークショップをした方がいいと思いました。
 交流するきっかけとしてはとても意味のある場だったと断言できます。また議員さんの雰囲気も良く、議員学生双方から大変好評でした。これを機に学生と議員の交流が増え、新潟市の発展につながればと思います。

byインストラクターおおぬま
[PR]

by iuip-nuis | 2014-11-30 13:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

上越高等学校においてワークショップ「Passing through a tunnel ~」を行いました。

11月29日(土)
@上越高等学校
対象:1年生 約20名
ワークショップタイトル:
『Passing through a tunnel helps you find the bigger world of learning
 ~学びの主役はあなたです~』
(世界の現実・英語チーム) 

こんにちは。
国際交流インストラクター1年、英語チームの木村颯人です。
今回私たちは上越高等学校でワークショップを行いました。
上越高等学校の生徒はとても積極的にワークに参加してくれたので、とても雰囲気良くワークショップが出来ました。特に今回取り入れたワールドカフェでは次々に生徒が意見を出してくれて、こちらも楽しかったです。
ワークショップ自体は、反省点は多くあがりましたが、それなりに上手く進行できたと思います。
c0167632_17382626.jpgc0167632_17384573.jpgc0167632_17394019.jpgc0167632_1739585.jpg














私たちはワークショップ内容を大幅に変更し、前回の派遣とは全く異なる内容でのワークショップとなりました。このワークショップが完成したのが派遣の約1週間前と、とても厳しい状況でした。

そんな中で何とか無事のワークショップを終えることができたのは、3,4年生の経験と技術、そしてヘルプの方々のおかげだと思います。私自身、チームの力になれず、とても悔しい思いでいっぱいです。
しかし、今の自分に何が足りないか、何をすべきかを明確に感じ取ることができたので、その点では良かったと思います。
私たちはあと1回派遣があるので、今回挙げられた反省点を改善し、ワークショップの完成度を高め、最高のワークショップになるよう、頑張りたいです。

私個人も今回の反省を生かし、次回は何とかチームの力になり、来年度に繋がるようにしたいです。

byインストラクターきむら
[PR]

by iuip-nuis | 2014-11-29 13:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

立教大学特任教授の池住義憲さんにお越しいただき、ワークショップを行なっていただきました。

11月27日(木)
@本学 国際交流センター
講師:池住義憲さん(立教大学大学院特任教授)
演題:時代の贈り物

情報文化学科 3年の藤原由里絵です。
11月27日(木)にワークショップ実践論で池住先生によるワークショップをうけました。
c0167632_14134860.jpg
        ●遠いところからお越しいただき本当にありがとうございました●

このワークショップでは、まずブレインストーミングのルールを簡単に確認することから始まりました。

次に、私たちの社会の中で
・なくしたいもの
・取り去りたいもの
・廃絶したいもの
を各自、自由に書き出してチーム内で発表しました。

そして、書き出したもののなかでこれは私(の)問題だと思うものに○をつけてチーム内で共有しました。

更に、書いたもののなかで時間がかかっても私たちが力を合わせればなくせるものに×をつけました。
c0167632_14294867.jpgc0167632_1431759.jpg







このワークショップ中に池住先生が仰っていたことで、心に残ったものがあります。
それは、ワークショップで扱っている問題を自分たちが本当に解決できると思っているか、思っていないかでワークショップの終わり方が変わってくる、というものです。池住先生はこのことについて例を用いてお話してくださったのですが、それをきいていたら、私がやってきたワークショップは本当に解決できるとは思っていないワークショップの終わり方だったんだと実感しました。

c0167632_14324626.jpgc0167632_14331159.jpg







更に、ワークショップのなかで、とても面白かったのが、100年前の人々の未来予想の書かれたプリントの内容です。それには、インターネット普及など現在、実現しているものや、蚊が絶滅しているなど実現していないものが書かれていて100年前の人々が考えていたものにふれることができて面白くて少し不思議な感じがしました。

また、先生は全体を通して、間(ま)や沈黙があってもゆっくりと進めていましたが、シリアスな部分はしっかり声の調子や表情で説得力のある話し方をしていたのが印象的でした。そして、各セッションのごとに「間違っている意見(正解)はない」というようなことを繰り返し言っていただき、安心して取り組むことができました。
c0167632_14343510.jpg

今回のワークショップを受けて、ある問題にどう取り組み、どう関わるかで自分の生き方が変わるという見本を見せて頂いたように思います。とてもいい機会になりました。

byインストラクターふじわらゆりえ
[PR]

by iuip-nuis | 2014-11-27 10:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新発田市立米子小学校においてワークショップ「100分の1の給料と私たちの生活」を行いました。

11月8日(土)
@新発田市立米子小学校
対象:6年生 11名 
ワークショップタイトル:
『100分の1の給料と私たちの生活』
(世界の不平等:ぶたチーム)

こんにちは。不平等チームの佐藤舞です。私たちは11月8日に新発田市立米子小学校の6年生10人を対象にワークショップを行ってきました。
私たちのテーマは「100分の1の給料と私たちの生活」です。
今回のワークショップの内容は、
世界において生徒たちと同じくらいの歳の子どもたちが毎日過酷な労働を強いられていることを知ってもらう。
次に、この児童労働問題には経済面、教育面、法律面の問題とも深く関わっていることも知ってもらう。
最後に、その様々な問題を含む児童労働の解決策を考えてもらう。
という流れで行いました。
c0167632_164146.jpgc0167632_164219.jpg







児童労働問題は少し難しい内容でしたが米子小学校の生徒はみんな明るく積極的に何でも考えてくれる生徒でした。
そのためワークショップの初めに「児童労働というものを知っていますか?」と質問した時はほとんどの生徒が知らないと言っていましたが私たちがワークショップ中に提示した問題点を真剣に聞き解決策を考えてくれました。

今回、私たちが工夫した点は児童労働をより感じてもらうために児童労働の一つである重い荷物を持ってみる体験を行いました。また今回の内容は説明が多かったので説明を振り返るワークを入れました。
c0167632_166897.jpgc0167632_1662769.jpg







反省点は私たちのリハーサル不足で個々の役割をしっかり認識していなかったことです。また今回は生徒数が少なく、とても仲の良い生徒たちの輪にうまく入れなかったことです。いかに生徒たちと壁を作らず打ち解けていけるかが大切だと思いました。

今回のワークショップで様々な課題が見つかったので次に活かせるように頑張りたいです。

byインストラクターさとうまい
[PR]

by iuip-nuis | 2014-11-08 09:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ