<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

新潟朝鮮初中級学校にて、交流ワークショップを行いました。

6月24日(火)
@新潟朝鮮初中級学校

 
水チーム2年の坂井未来です。
わたしは6月24日に行なわれた新潟朝鮮小中級学校訪問ツアーへ初めて参加し、ワークショップではファシリテーターをつとめました。

まず、昼から行われた授業見学では、中学生たちのクラスへ見学かつ参加しました。
ミヒョンちゃんと一緒にLet It Goを日本語訳しました。なかなか難しかったです。
授業は生徒3人と少なかったですが、その分、アットホームな雰囲気で行われていてとても良いなと思いました。
c0167632_18413762.jpg
                  ●写真は音楽の授業の様子●

そして、交流ワークショップでは、四マス自己紹介や署名運動ゲーム、ペーパータワー(平和の塔)を行いました。
互いを紹介するようなものが多く、教員や生徒、大学生が皆それぞれ交流を深めることができたと思います。
c0167632_18424844.jpgc0167632_1843097.jpg
c0167632_18431440.jpg

他にも給食体験でビビンバを食べたりと、朝鮮の文化に少しだけ触れることができたように感じます。ビビンバはちょっと辛かったですが、おいしかったです。
c0167632_18435783.jpg

いままで朝鮮学校や朝鮮に対する知識はほとんどありませんでしたが、このツアー、ワークショップを通じてわたしだけでなく、一般の参加者の方たちの朝鮮学校への理解が深まったのではないかなと思いました。また来年も参加してみたいです。

byインストラクターさかいみく
[PR]

by iuip-nuis | 2014-06-24 14:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

JICA新潟デスクの本田龍輔さんに協力隊体験談をワークショップ形式で行っていただきました。

6月19日(木)
@本学 国際交流センター
講師:JICA新潟デスク 本田龍輔さん

c0167632_13391558.jpg

前期授業「国際交流インストラクター演習1」において青年海外協力隊体験談
「730日間のハママスLife ‐私のパプアニューギニア奮闘記-」
を行なっていただきました。今回、感想は2人分お送りします!!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

異文化理解チームの木戸誉奈です。

6月19日(木)にJICAの本田龍輔さんがパプアニューギニアでの体験談をワークショップ形式でお話しして下さいました。その感想を報告します。

初めにJICAとパプアニューギニアの国旗や面積について説明していただきました。
次にパプアニューギニアのお土産を使い、それが何かを各チームで考えるクイズをしました。私のチームは「トゥブアン」という置物で、とても可愛らしかったです。
c0167632_1340789.jpg

c0167632_13401839.jpg次にパプアニューギニアと日本での本田さんの生活の違いを分けるゲームをしました。日本での生活との違いに驚かされたことが多々ありました。例えば、パプアニューギニアでは鍵をかけないで家を出る。これには流石に嘘でしょ!と思うほど驚きました。 

最後に本田さんがパプアニューギニアで活動してきたパワーポイントを見ました。その中に写っている現地の人々は皆笑顔で、貧しい=不幸ではないと気づかされました。幸せの基準ってなんだろうと考えさせられました。
本田さんありがとうございました。

byインストラクターきどよな

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
c0167632_13494813.jpg
c0167632_1350146.jpg
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

異文化理解チーム1年の生越桃子です。

本田龍輔さんの体験談の中で最も印象に残ったものについての感想を報告したいと思います。 
最も印象残ったのは本田さんがパプアニューギニアに行く前と後で変化した習慣についてのクイズで、この活動を通し自文化と異文化の偏見に気付くきっかけとなりました。
c0167632_13533353.jpg

私たちの異文化チームでは、「ちがい」をテーマにしたワークショップを作っていますので今回の活動で自分が持っている偏見に気付くことができ、また私は初めてワークショップを作る側のほうに立ち、「ちがい」の難しさというものにも悩んでいましたが、本田さんのワークショップを通し、今後のワークショップ制作にあたり大変いい経験と刺激になりました。

また、ワークショップを楽しみ、知る、考える、行動するということ、異文化三段活用の「strange」「different」「interesting」。これは私が今「ちがい」についてのワークショップを作るに当たり最も大事にしていることの一つです。
ですので、このワークショップに参加でき本当に良かったと思っています。またこの経験をこれからの役に立てようとも考えています。

本田さん、ありがとうございました。


byインストラクターおごせももこ
[PR]

by iuip-nuis | 2014-06-19 13:10 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

本学にてJICAボランティアセミナーを行っていただきました。

6月13日(金)
@本学 国際交流センター 

こんにちは!国際文化学部一年生の大川竜矢です。
6月13日(金)国際情報大学内の国際交流センターで、
JICAボランティアセミナーが行われました。その感想を報告します。

今回のJICAセミナーでは青年海外協力隊事業概要説明と
協力隊経験者による体験談発表そして質疑応答でした。

〔当日のプログラム〕
①16:00-17:00 青年海外協力隊事業概要

②17:00-17:45 協力隊経験者による体験談発表 

③17:00-18:00 質疑応答、アンケート記入

c0167632_1875346.jpg

まず最初に行われた海外協力隊事業概要説明では、松浦亜矢さんからこれまで行われてきた派遣までの流れや現地での業務内容、訓練期間、現地での日当(生活費)、国内手当、健康管理制度などのお話を聞きました。

中でもJICAボランティアに応募し合格した後に行われる派遣訓練期間は70日間行われるためその期間十分に派遣先の言語を勉強することができるので語学での不安を減らせることができると思いました。

次に協力隊経験者の山田優さんによる体験談発表が行われました。
山田さん は、ドミニカ共和国第2都市、人口約100万人のサンティアゴ市の市役所内、廃棄物管理の部署において、環境教育活動を担当していたそうです。
c0167632_18185049.jpg

山田さんの体験談は、派遣に行く前のイメージと実際に現地で生活してみての違いなどを中心に、山田さんが現地で撮った写真と共にスライドショーのような形でお話を聞きました。
山田さんのお話の中で、水は使えるが週に決まった曜日しか使えないので川に行って子供たちと一緒に遊び、そのときに体を洗ったという経験をして、こういった不便や貧しさが日が経過するご とにたくましさに変わっていったとおしゃっていました。

あと個人的にお話の中に出てきたペットボトルとライトだけで作ったペットボトルタワーが印象的で
とてもきれいで実際に機会があれば作ってみたいと思いました。
c0167632_18142656.jpg

c0167632_1818752.jpg

今回のセミナーで、山田優さんの現地での体験談を拝聴でき、とても勉強になりました。あとドミニカ共和国に
興味も持つことができたことを山田さんに感謝したいです。
私の国際交流インストラクターとしての今後の活動にも大きな経験として生かしていけると思います。

このような場を設けてくださった皆さんに感謝したいと思います。
松浦亜矢さん、山田優さんありがとうございました。

byインストラクターおおかわたつや
[PR]

by iuip-nuis | 2014-06-13 16:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

レクスタTV国際情報大学模擬授業にて「国際交流インストラクター演習」と事業の紹介を行いました。

6月13日(金)
レクスンスタジオにて行われた、
レクスタTV国際情報大学模擬授業にて
「国際交流インストラクター演習」と事業の紹介を行いました。
c0167632_1729586.jpg


↓↓動画はこちら↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=Ut0whQEE7bY

是非ご覧ください!
[PR]

by iuip-nuis | 2014-06-13 12:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ