<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

小千谷市立小千谷中学校にてWS『女はズボン!?男はスカート!?』を行いました。

2月28日(木)
@小千谷市立小千谷中学校
対象:1年生 35名程度
ワークショップタイトル:
『女はズボン!?男はスカート!?-身近な異文化理解-』
(異文化理解チーム)

こんにちは。
異文化理解チーム佐藤早紀です。
小千谷市立小千谷中学校でのワークショップの感想を報告します。

【今回のワークショップの流れ】
今回は『男はスカート?! 女はズボン?! 身近な異文化理解』というタイトルに一番沿った内容にすることにしました。

前半のテーマは、異なる文化を知る。
冒頭は前回までと同じく、スコットランドの民族衣装(キルト)や日本の浴衣を題材に、その文化の背景を考えました。それに加えて、韓国と日本の食事作法の違いなども紹介しました。

後半のテーマは、異文化理解のために大切なことを考える。
まず、互いを理解することを阻害するステレオタイプに気付くため、「男/女は●●だ」というイメージを挙げてもらいました。そして、ステレオタイプがあることで、どんな問題があるかを考えるという流れでした。

c0167632_1414993.jpg【感想】
全体的な感想としては、生徒たちが主体的に活動できるような空気を作れなかったことが最大の反省点です。
アイスブレーキングでは、絵葉書を用いて自己紹介しました。
本来はチームの人全体に向けて話してもらいたかったのですが、男女の壁があり、チームの一体感を作ることができませんでした。
c0167632_14185464.jpg
今回はチームで話し合う回数がかなり多かったのですが、最初に男女間の壁を壊せなかったことで、その後も盛り上がりに欠ける結果となりました。
私たちが話しかける分には答えてくれますが、チームで話し合うとなると、沈黙が流れることもしばしばありました。
民族衣装や食文化の紹介などは、写真などを多く用意したため、興味を持ってくれていたようです。
今回は教室の黒板に資料を次々貼り付ける形で進めたのですが、前に色々と貼りすぎると、生徒の関心が分散するとの指摘を担任の先生から頂きました。

「男/女は●●だ」というステレオタイプを考えるセクションでは男子と女子を分けて、異性のイメージを挙げることにしました。ところが、ここで半分悪口大会のようになってしまいました。
クラスメイト以外をイメージすることが難しく、本来のねらいとは随分掛け離れた結果となりました。
そしてそのまま最後まで、生徒のテンションは下がってしまいました……

予想と反応が大きく異なったことで、私たち自身も適切な対応ができませんでした。
そして、その読みの甘さを痛感しました。
c0167632_14202152.jpg

ワークショップの構成自体は様々な問題がありましたが、個人個人のチームでの働きかけは良かったと思います。
1年間このチームで頑張ってきたことが存分に発揮できたのではないかと思います。

このチームは特に留学時期に集まれる人数が少なく、都合もなかなか合わないという状況でした。
そんな中でも、少ない時間で協力して、何とか1年間頑張ってきました。お疲れ様でした。
今年度を振り返って、成功も失敗も何らかの形で来年度のそれぞれの活動に活かしていければと思います。

byインストラクターさとうさき
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-28 10:46 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

小千谷市立小千谷中学校にてWS『世界のストリートから』を行いました。

2月28日(木)
@小千谷市立小千谷中学校
対象:1年生 35名程度
ワークショップタイトル:
『世界のストリートから』(世界の不平等チーム)

こんにちは。
世界の不平等チームの吉田圭佑です。
僕たちは2月28日木曜日に小千谷中学校の一年生を対象にWSを行ってきました。
c0167632_16502459.jpg
ワークショップの流れを反省を踏まえて報告したいと思います。

今回のワークショップの内容は、前々回の翠江高校で行った内容とほぼ同じ内容で、バングラデシュのストリートチルドレンについて知ってもらうというものでした。
開始前、WSを行う会場の把握ができておらず、生徒の皆さんが先に会場入りしてしまい、名札を配って名前を書いてもらうという作業が予定よりも長い時間をとってしまう、というアクシデントが起きてしまいました。
c0167632_1774412.jpg



そして、最初のワークとして、世界に住む子供達を知ってもらう前に自分たちのことを知る、という作業では、六才から今までで嬉しかったことと悲しかったことを紙に書いてもらいました。この作業では、質問が莫大すぎてなかなかかけていない生徒が多く、例を挙げてもっと書きやすくするべきだったと感じました。
そして、WSでメインとなる国であるバングラデシュについての基本的な情報を説明した上で、ある子供を切り抜いた写真を使用し、空白の場所がどのようになっているのかを想像してもらい絵に書いてもらうという写真クイズをしました。ここでは二種類の写真を使ったのですが一方の切り抜きが甘く机に出した瞬間に予想できてしまい、写真クイズのおもしろみを生かすことができずに終わってしまいました。
c0167632_1714252.jpg
             ●今年度最後の派遣で、とても緊張しています●

次にその写真の子達がバングラデシュのストリートチルドレンだということを知ってもらい、ストリートチルドレンの基本的な情報をちょっとしたクイズを混じえながら説明し、そのあと子供達がストリートチルドレンになるまでの経緯を劇を通して見てもらいました。
c0167632_17152547.jpg

最後のGWではストリートチルドレンの子供達の写真パネルを使い、自分たちとの共通点と、パネルを見て思ったことをポストイットに書いて挙げてもらいました。この作業では前半に行った、嬉しかったことと悲しかったことで書いた紙とパネルとを照らし合わせるような感じで作業をしてもらいました。ちなみにパネルには、ストリートチルドレンの子の『顔、年齢、仕事内容、思い出』が書いてありました。しかし、嬉しかったこと悲しかったこと用紙がうまく生かされず、最終的にその用紙を見ている生徒さんはほとんどいませんでした。ですが、それでも、生徒の皆さんはたくさんの意見を出してくれてその意見の一つ一つがとても素晴らしいものでした。

今回はWSの準備から本番まで4年生の田島さんがいない中で行いました。
そのせいか集まりがあるときも、いまいち和まず、いつも以上に重苦しい雰囲気で準備を進めていました。
しかし、そんな中でも一人一人が自分のパートについて必死に取り組み様々な工夫をいれてWSを行いました。そのおかげで、進行がスムーズに進み、終了時刻をすぎることもなく終わることができました。
おそらく生徒さん達もストリートチルドレンについて知ってもらうと同時に自分たちの生活がとても幸せなんだという自覚を持ってくれたと思います。
そういった意味でも今回のWSは大成功だったんじゃないかなと思います。

一年間インストラクターとして様々なWSに取り組んできましたが、本当にいい経験になりました。
僕らのチームは7人中5人が一年生ということもあって、初インストラクターがほとんどのチームでした。そんな中、経験者である山田さんと田島さんにはとてつもない苦労をかけたと思います。
意見が出なかったとき、話し合いがうまく進まなかった時も僕たちをひっぱてくれてありがとうございました。そんなお二方を見習い、来年入ってくる一年生をしっかり引っ張っていけるように頑張ります。
最後に、みゆきちゃん、だいすけ、かれんちゃん、ゆりえちゃん。
一年間インストラクター疲れ様でした。雰囲気の重いチームとかよく言われてたけど、僕はこのチームで本当に良かったです。
楽しかったし、いい思い出がたくさん作れました!
みんなありがとう!

byインストラクターよしだけいすけ
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-28 10:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟県立新潟商業高等学校にてWS『Why do we study?』を行いました。

2月28日(木)
@新潟県立新潟商業高等学校
対象:国際教養科 1年生 40名程度
ワークショップタイトル:
『Why do we study?~世界が変わる頭の使い方~』
(英語チーム)

こんにちは。
国際情報大学国際交流インストラクター英語チームの筑波です。
2月28日(木)に新潟商業高校へ行ってきました。

c0167632_17532625.jpg
今回は、今までとは違うアイスブレイクで商業高校の生徒たちの緊張を和らげようとしましたが、彼らはその必要がないくらいに元気でした。
ワークショップの内容は前回の反省を活かし、難しい用語をあまり使わずに「なぜ自分たちは勉強しなければならないのか」という理由を引き出そうと心がけました。
内容自体は今までと変わらないのですがチーム内でどうすれば生徒たちにわかりやすく伝えられるのかを短い時間で試行錯誤を繰り返し、今回のワークショップを行いました。
ポストイットに理由をたくさん書いてあったチームがかなりあったので自分は手ごたえを感じることができました。
c0167632_13235574.jpg
実は今回のワークショップは、英語のシナリオが完成するのが遅れたことや、チームのメンバーが海外で不在などのアクシデントがあり、全ての準備が整ったと思ったら本番まで3日くらいしかないという状況でしたが、そのような中で、今回のワークショップをほぼ完璧に行えたのは奇跡だと思いました。

時間配分はについては、DVDの鑑賞、導入にかける時間など、注意深く調節しながら行いましたが難しいものです。
c0167632_17555170.jpg

今回のワークショップで最後になりますが、この一年間は自分にとってはためになった一年間だと思います。
インストラクターの活動とチームと一緒に過ごした時間は貴重な経験になりました。
英語でワークショップを行うというのは本当に難しいことです。
最後にこの英語チームで一緒に活動したメンバー。
澪佳さん、今城さん、諒子さん、萌さん。留学に行っていた今泉さん、今井さん。
一年間本当にお疲れ様でした!

そしてありがとうございました!

byインストラクターつくば
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-28 09:46 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟県立新潟商業高等学校にてWS『あなたのたいせつなものは何ですか?』を行いました。

2月28日(木)
@新潟県立新潟商業高等学校
対象:国際教養科 1年生 40名程度
ワークショップタイトル:
『あなたのたいせつなものは何ですか?~「豊かさ」から考える世界~』
(世界の現実チーム)

こんにちは。
新潟国際情報大学
国際交流インストラクター
世界の現実チームの吉田美都季です。

私たちは2月28日に新潟県立新潟商業高校で「あなたの大切なものは何ですか?~豊かさから考える世界~」のワークショップを実施してきました。
c0167632_16214163.jpg
今回は、前回の内容から少し変更して自身の経験談や個人ワークを加えました。
経験談は、二つの異なった経験をもとにそれぞれ矛盾した意見話しました。そうしたことで、生徒たちに、どちらが正しいのだろう?という疑問を持たせ、このワークショップに対する関心をより引き出すことができたと思います。 c0167632_16233117.jpg
個人ワークは、最後に自身の意見をまとめることを目的として、「自分にとって大切なものはなんだろう?」という問いで紙に書いてもらうワークです。
難しい問いだと思いましたが、「愛」、「命」という意見や、「お金」、「ギター」という意見など、生徒全員が真剣に考えてくれて、多種多様な意見が聞けることができました。


反省点は、準備が前日のギリギリまでかかったせいで、道具の確認を怠ってしまい、ワークショップ中にあたふたしてしまったことです。
もう少し前から余裕を持って準備することは前から改善点として上がっていたにも関わらず、最後まで改善できなかったことは残念でした。
c0167632_1630717.jpg

良かった点は、チームの一人一人が新しいことにチャレンジしたことだと思います。
自身が苦手におもう役目を諦めずに挑戦することが出来ました。

今回のワークショップは、このチームでの最後のワークショップでした。
この一年間を通して、最後までワークショップの内容を練り、諦めずに戦うチームだったと思います。
経験者ばかりの3.4年だけのメンバーだったので、これまでなかったようなテーマをしたいと新しいことにチャレンジできたことで、より達成感を味わえました。
そして、自分たちも答えが分からないテーマをとことん突き詰めた一年でした。

一年間を通して、キツイ言葉をチームのみんなに浴びせてしまったことが、個人的な反省点です。
チームをまとめてなくてはという気持ちが空回りして、みんなに嫌な気持ちをさせてしまったかなと思います。
そんな中でも、暖かいみんなの笑顔に助けられました。
みんな、本当にありがとうございました。

来年度もまた楽しいワークショップが作れるように頑張りたいです。


byインストラクターよしだみづき
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-28 09:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟市立巻南小学校にてWS『あなたのたいせつなものは何ですか?』を行いました。

2月20日(水)
@新潟市立巻南小学校
対象:4年生 30名、32名
ワークショップタイトル:
『あなたのたいせつなものは何ですか?~「豊かさ」から考える世界~』
(世界の現実チーム)

こんにちは。
現実チームの石井郁子です。
2月20日(水)に巻南小学校へ行ってきました。今回は4年生を対象に2回WSを行いました。
c0167632_16334689.jpg
              ●今回は入念に打合せを行ったWSでした●

前回の上関小学校の派遣から2週間くらいしかたってませんでしたが、内容をがらりと変え、新しく「ダイヤモンドランキング」というゲーム型のGWを用意しました。
6つの「大切なもの」のリストを私たちが用意していき、その他に3つ子どもたち自身で「大切なもの」のリストを作ってもらい、全部で9つの「大切なもの」を順位づけするというものです。
最下位には「学校」や「国旗」が挙げられましたが、実はカンボジアの子どもの中には、これらを「大切なもの」として挙げています。また「地雷をなくすこと」が大切だと言うカンボジアの子どももいました。カンボジアには今でも多くの地雷が埋められており、常に危険と隣り合わせで暮らしているということをみていきました。
c0167632_16341293.jpg
                 ●ダイヤモンドランキングの様子●

このようなカンボジアの背景を知り、なぜ「学校」や「国旗」を大切なものとして挙げているのか考えるGWを行いました。このGWをやることで、カンボジアの子どもたちの気持ちを考えることができ、更には自分達が「学校」や「国旗」を最下位に挙げてしまったけど、これらは大切なものなんだ、という自覚が持てたのではないでしょうか。
c0167632_16352450.jpg
                 ●熱心に取り組んでくれました●

カンボジアと日本では生活状況が違うから大切なものも変わってくるのかもしれません。しかし、それでも共通点はあります。その共通点を子どもたちから引き出すところに私たちは少し苦戦してしまいました。

今回は準備の時間が少ない中、チームで協力し合ったからこそ、やりきれたものだと思います。WS後は子どもたちとお昼ご飯を一緒にいただき、体育館で騒いできました。元気いっぱいなのは子どものいいところですね。ちなみに私は今日下半身が筋肉痛です。
c0167632_1635578.jpg
             ●4年間の活動で最後のワークショップでした●

今回のこの派遣が私の大学生活の最後の派遣となりました。インストラクターの活動はとってもとっても大変ですが、絶対にやって後悔しないと思います。私自身、インストラクターをやってから大学の全ての授業に対する姿勢が変わり、毎時間有意義に過ごせました。全てが自分の知識として身に付いていき、それが楽しくなってきました。インストラクターは様々な人と触れあうことができるという点でも絶対に続けるべきです。
異文化、食、援助、不平等、子どもの問題など、インストラクターの活動は、普段人があまり考えないような問題について、自分達が教えながら同時に一緒に学んでいくという、とても素晴らしいものだと思います。
本当に大変な活動ですが、後輩のみんなにはこれからも続けてほしいです。仲良くね!

最後にみづき、きたぽん、平岡、たいちゃん、1年間お世話になりました。みんな就活や勉強が大変なのに頑張って作ってくれて、本当にありがとう。全然頼りない4年でごめんなさい。みんなと一緒にWSができて、すごく楽しかったし、思い出ができました。他にも4年間私と関わってくれたみなさん、ほんとうにお世話になりました。
これからもいいWSが作れるようにみんなで協力して頑張ってください。

4年間ありがとうございました。

byインストラクターいしいいくこ
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-20 08:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

南魚沼市立上関小学校にてWS『あなたのたいせつなものは何ですか?』を行いました。

2月8日(金)
@南魚沼市立上関小学校
対象:5,6年生 37名
ワークショップタイトル:
『あなたのたいせつなものは何ですか?~「豊かさ」から考える世界~』
(世界の現実チーム)

こんにちは!世界の現実チームの北愛子です。

私達は2月8日に南魚沼市立上関小学校の5、6年生を対象にワークショップを行いました。
c0167632_14455137.jpg
               ●急遽内容を短くして実施しました●

90分のワークショップを予定しておりましたが、天候などの影響で到着が遅れてしまい、45分という短い時間でのワークショップになってしまいました。

しかし、小学校に向かう車中ではメンバーがそれぞれ役割分担し、ワークショップの時間配分を調節したり、小学校に連絡をとったりして、柔軟に対応出来たのではないかと思います。

私達のワークショップの目的は、「豊かさ」について考えてもらうことです。

まず始めに、お絵かきを通して豊かさのイメージを膨らませてもらい、その後に班のメンバーで話し合いながらひとつの「豊かな島」を作ってもらいました。
c0167632_14471066.jpg

c0167632_14472941.jpg
                  ●グループワークの様子●

ここでは、創造性の大切さや、協力することでみんなが納得する島が作れることなどを伝えたかったのですが、アイスブレーキングを省略したことで緊張した雰囲気がほぐれていない事もあってか、話し合いが上手く出来ていないチームもありました。

それ故に、個人個人が協力すれば豊かな島が作れる様に、それぞれの国が協力すれば豊かな世界が出来るのでは?という話に説得力を持たせることが出来ずに、本当に伝えたかった点に気付いてもらうことが出来なかったのではないかと思います。

その後、穀物の例を使い世界の不平等の話しをしましたが、最後に子どもに「豊かさってなんだろう?」と問いかけると「食べ物があること」という答えがたくさん返ってきました。
c0167632_1448592.jpg
                      ●まとめの様子●

今回の一番の反省点は当初の目的とは違い「物質的な豊かさ」の方に重点が傾いてしまったことのように思います。次回のワークショップまでに「精神的な豊かさ」も考えられるような内容にしていきたいと思っています。
逆に、メンバーの臨機応変な行動は今回の派遣で評価出来る点なのではないかと思います。ワークショップの終了予定時刻も過ぎることなく、無事に終えることが出来ました。

今回の反省点を踏まえ、次回はよりよいワークショップになるように努力したいと思います。

byインストラクターきた
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-08 14:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

村上中等教育学校にてWS『世界のストリートから』を行いました。

2月7日(木)
@村上中等教育学校
対象:3年生 80名
ワークショップタイトル:
『世界のストリートから』(世界の不平等チーム)
※人数の関係で『貿易ゲーム』を実施

こんにちは、不平等チームの川崎美雪です。
私たちは2月7日に村上中等学校に行き、ワークショップを行ってきました。
中学3年生約80人と一緒に貿易ゲームを中心に、世界の不平等について考えてもらいました。

アイスブレーキングはバースデーリングを行いました。机の配置に問題があり、少しやりづらく時間がかかってしまいました。しかし、生徒たちは盛り上がっていて、楽しそうでした。
c0167632_14354756.jpg
                    ●マーケットの様子●

その後貿易ゲームを行いました。今回は生徒が80人ということもあり、大学生は国連・マーケット・メディアに別れて、生徒中心に貿易ゲームをしてもらいました。生徒たちは、各グループ工夫をして貿易ゲームを進めていました。しかし、生徒の中には何もしていない子や、話を聞いていない生徒が目につきました。そして時間配分がうまくいかず、生徒の理解をあまり深めることが出来ませんでした。
c0167632_14362570.jpg

c0167632_14363836.jpg
                        ●教室の様子●

このワークショップの大きな反省点は、やはりまとめの時間が足りなかったことです。生徒が貿易ゲームを楽しんだだけで、今回のワークショップが終わってしまったようにも感じます。そして、生徒にきちんと話を聞いてもらえなかったことも反省点です。相手先の先生にも、身振り手振りをつけて生徒に注目させることが必用だとアドバイスを頂きました。

この反省点を踏まえて、次回はもっといいワークショップにしたいです。

byインストラクターかわさき
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-07 10:40 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟市立万代長嶺小学校にてWS『女はズボン!?男はスカート!?』を行いました。

2月4日(月)
@新潟市立万代長嶺小学校
対象:3年生 52名
ワークショップタイトル:
『女はズボン!?男はスカート!? -身近な異文化理解-』(異文化理解チーム)

こんにちは!異文化理解チームの吉田恵理です。

私達は万代長嶺小学校でワークショップを行ってきました。
三年生約50人と一緒に、体を動かして人数集めゲームをしたり、世界各国のあいさつを体験したりと、終始にぎやかな雰囲気でした。
選んだカードを使っての自己紹介もアイスブレイキングに取り入れてみましたが盛り上がりました。

本題に入った後、私たちのワークショップタイトルにあるとおり、服装に関する異文化に触れてもらおうと、スカート状の民族衣装を着ているスコットランドの男性の写真を見てもらいました。
児童たちは「気持ち悪い」「変だ」とびっくりしている反応でした。
c0167632_1361826.jpg
                     ●写真を見ています●

しかし、その様な見方では良くないですから、そとあとに、見慣れない文化の人を傷つけないで仲良くなるためにはどうしたらいいか?と問いながらグループでアイデアを出しました。

「あいさつをする」「やさしい言葉を言う」「(服装といった自分たちと違う文化を)誉める、興味をもって聞いてみる」という意見がでました。

このグループワークや世界のあいさつを実際に体験してもらうことで児童たちには、異文化を少しでも理解することができていたのではないかと思います。
また、全体の流れを含め、この異文化理解ワークショップはいじめの問題にも通じるところがあって大変よかったという評価も頂きました。
c0167632_1365992.jpg
                  ●体を使ったあいさつの様子●

反対にこのワークショップの反省点ですが、日本と違う文化を紹介する際に、その「文化」がどの範囲までなのか、くくりが曖昧な部分がありました。国の中にもまた色々な文化があり、反対に色々な国で共有の文化があるというところまで、認識してもらえなかったと思います。

それから、児童のみなさんが「えー!」と驚くような民族衣装やあいさつを見てもらったときに、なぜそのようになってしまったのか?といった文化の背景や原因の説明が不十分だったと思います。
ちゃんとした理由や意味があるということをわかってもらえたら、もっとよく理解することができたかもしれません。

この反省点を踏まえ、次回はもっといいワークショップをしていきたいです。

byインストラクターよしだえり
[PR]

by iuip-nuis | 2013-02-04 14:00 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ