<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

南魚沼市立上関小学校において「援助の忘れ物」のワークショップを実施しました。

2月24日(金)
@南魚沼市立上関小学校
対象:5,6年生 32名
ワークショップタイトル:
『援助の忘れ物』(援助チーム)

みなさんお疲れ様です。英語チーム3年の星野です。
英語チームは24日に南魚沼市立上関小学校に行きワークショップを行ってきました。
c0167632_1602722.jpg
             ●ついにメンバーがそろい踏みしました●

前回の12月の派遣では、私たちの目的である「物事を多面的に見ることの重要さを伝える」ということが伝わらないという指摘を受けました。

そこで、自分たちの班が考えた方法に対する問題点を他の班の人たちに指摘をしてもらうというグループワークを入れ、自分たちの班の意見の盲点や多面的な見方に気付いてもらうようはかりました。

その結果、問題点として批判されたことに対して対抗心を燃やして、批判を批判で返しているような様子などが少々見受けられたことや全体を通してみても生徒の反応・意見から、自分たちの目的を伝えるに相応しいワークショップであったとはまだまだ言い難く、残念に思います。
c0167632_1643762.jpg

しかし、小学生には難しい内容のワークショップであったにも関わらず一生懸命に考えてくれたり、クイズやゲームを思いっきり楽しんくれている姿を見て私たちもパワーをもらい次の派遣につなぐ自信になりました。
c0167632_1655472.jpg

私はこの派遣が初めての派遣でしたが、思っていた以上に楽しく充実した時間でした。インストラクターの活動の醍醐味を十分に味わえたと思います。2年目、3年目とリピートする人の気持ちがようやく分かりました。
これも優秀なチームのメンバーや頼もしいヘルプの方々のおかげであったと思っています。
ありがとうございました。

みなさん1年間お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

byインストラクターほしの
[PR]

by iuip-nuis | 2012-02-24 14:00 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟市立巻南小学校にて「とつげき!!世界の食文化」のワークショップを実施しました。

2月10日(金)
@新潟市立巻南小学校
対象:3年生 計62名(2WS)
ワークショップタイトル:
『とつげき!!世界の食文化』(異文化理解チーム)

こんにちは。
異文化理解チーム、1年の武藤です。
2月10日に巻南小学校の3年生を対象に2回WSを行ってきました。
c0167632_15161350.jpg
                  ●今年度の集大成です●

前回の派遣が9月14日と随分日が空いたため、初めてのWSほどではありませんがやや強い緊張感を持って臨んだ気がします。
時間があった分、前期の派遣の反省やその後に頂いたアドバイス、後期のワークショップ実践論での経験を参考に、目的は変えないまま内容を何度も練り直しました。
大きな変更点は、非暴力トレーニングとしてご紹介頂いた温度計や、トランセンドWSで体験したロールプレイングを組み込んだことです。
「異文化理解」をより身近に感じ、食を中心に据えつつも多面的に考える手助けとなったのではないかと思います。

WS本番は今までで1番良い出来だったと思っています。
巻南の生徒達は元気いっぱいで積極的な反応をしてくれたので、大学生側も楽しんでWSを行うことが出来ました。
当然、反省点もあります。
個人的には、生徒の積極性を上手く活かし切れず、GWなどでは意見が膨らみ始めた所で時間切れということもあった点が特に残念でした。
意見を纏めることや誘導の難しさを改めて痛感すると共に、もっともっと良いやり方があったはずだと思わざるを得ません。
c0167632_1519887.jpg

また、今回は先方のご好意で給食の時間やお昼休みも生徒達と一緒に過ごさせて頂きました。
始めは控えめに、慣れて来るとマシンガントークさながらに話しかけてきてくれて、WSの内容についてや、その感想も笑顔で沢山話してくれて嬉しかったです。
童心に帰って遊ぶのも非常に楽しかったですし!
WS中だけでは拾いきれない意見や交流時間の不十分さを感じる時も多々あるので、このような機会を設けて頂けて本当に良かったです。

そしてそして念願叶って、給食の時間には生徒達にイナゴを食べてもらうことも出来ました!
異文化体験の一貫として今までも用意はしていたのですが、時間の関係上実行はできず……。
希望制でしたが沢山の生徒がイナゴを初めて食べ、美味しい!不味い!との声が挙がりました。
美味しいと言ってくれた子は何回もおかわりしていて、今度は自分で買って食べると言いに来てくれた子もいました。
このように直接的な異文化体験をしてもらって、賛否両論色々な意見を聞いて、初めて本当に異文化理解WSが出来たような気がしました。
c0167632_15211989.jpg
                       ● イナゴ ●

1年間共に頑張ってきた異文化チームとの派遣も最後だったと思うと、淋しさでいっぱいです。
ただ、やり切った感も感じていて、改善点はありつつも満足出来るWSを出来たのではないかとも思っています。
チームの仲間と、ヘルプに来て下さった方々、多くのアドバイスをくれたインストラクターの仲間やOB・OG、事務や教員の方々、外部からWSをしに来て下さった方々、本当にありがとうございました!!
皆さんと活動できて本当に良かったです!!
この経験を無駄にしないよう、今後も努めたいと思います。

byインストラクターむとう
[PR]

by iuip-nuis | 2012-02-10 08:40 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

上越教育大附属中学校にて2つのワークショップを行いました。

2月7日(火)
@上越教育大附属中学校
対象:中学2年生 計122名(3WS)
ワークショップタイトル:
『Ecoってなに?』(世界の現実・環境チーム)×1
『知っとこ!私たちの関わる世界の現実』(不平等チーム)×2

こんにちは。2年の吉田敬伸です。
今回2月7日環境チームのWSを、上越教育大学附属中学校で行ってきました。
c0167632_17363031.jpg
僕は自分のWSとして参加するのは今年度初めてだったのですが、以前に発表したWSとはまた内容がガラリと変わっていて驚きました。そして実際に学校に行ってみると、中学生ということでうまく接する事が出来るか憂いていたのが嘘であるかのように生徒たちの意欲が豊かでホッとしました。
c0167632_17374018.jpg
上越教育大学附属中学校は国際理解に大きく力を入れていました。そのため僕たちが行ったWSにも大きな関心を寄せてくれたため僕としてもとても喜ばしいWSとなりました。
それと同時に、僕らの説明不足であった点が際立ち、もっとこうすればよかったな、という点が大きく出てしまいました。その為後悔の面もあり、この経験を活かしてより良いWS作りに役立てたいと思います。

● ● ● ● ● ● ● ● ●  ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

不平等チームの山田です。
私たち不平等チームは先日、上越教育大学付属中学校でワークショップを行いました。
c0167632_17401120.jpg
今回のワークショップを行うにあたり、私たちの本来の目的である「不平等」をどのようにすれば伝える事が出来るのかを話し合い、前期とは内容を大きく変えてワークショップを行いました。
今回はトランセンドワークショップをヒントに、ディスカッションを取り入れました。しかし初めての取り組みだったため、上手く進行できるのか、こちらの趣旨が生徒に上手く伝わるかなど不安な点もありましたが、終わってみると各チームから様々な解決策が出され、充実したディスカッションをする事が出来たのではないかと思います。
c0167632_17423284.jpg

個人の感想としては、私自身の力量が足りず、ディスカッションは出来たが"ワークショップ"にはなっていなかったのではないかと感じ、まだまだだ下手だと痛感しました。

今回の派遣が私たちのチームにとって最後の派遣でした。今振り返ってみればこの一年間、4年生は、佐藤さんと山口さんにおんぶに抱っこ状態だったように思います。特に佐藤さんには迷惑ばかりかけてしまいました。見捨てずにいてくれて本当にありがとう。いつもなんだかんだ言っていましたが、本当に楽しいチームでした。

これから派遣に行かれる皆さん、悔いの残らないよう、全力を出し切って素晴らしいワークショップにしてください。

byインストラクターよしだたかのぶ&やまだりさ
[PR]

by iuip-nuis | 2012-02-07 10:45 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

新潟県立村上中等教育学校にて『ウガンダのホンマでっか!?WS』のワークショップを行いました。

2月6日(月)
@新潟県立村上中等教育学校
対象:3年生 計80名(2WS)
ワークショップタイトル:
『ウガンダのホンマでっか!?WS』(世界の現実チーム)

こんにちは。
世界の現実・ウガンダチームの1年、今井です。
私たちは村上中等教育学校で中学3年生を対象に午前と午後の2回ワークショップを行いました。
c0167632_1521924.jpg
          ●このメンバーでの最後のワークショップでした● 

今までの派遣の反省点である「中核になる部分がワークショップに見受けられない」ということを踏まえ、ワークショップの内容を一掃し、全て作り直すことを前回の派遣後、決心しました。

後期のワークショップ実践論2の授業をメンバーのほとんどが履修していたこともあり、学んだことを活かして新たなアイディアやさまざまな構想などを試行錯誤しました。

そして、今までのウガンダの子ども兵の内容は残しつつ、戦争・紛争についての考えを生徒たちと一緒にもっと深めていけるようなワークショップを作りました。
c0167632_16125574.jpg

電車の運行状況が悪く、予定していたリハーサルが出来ないというハプニングもあり、少し午前のワークショップはぐだぐだになってしまいましたが、この新しい私たちのワークショップに生徒たちは積極的に参加してくれました。

途中、元子ども兵の子が語る映像には生徒たちが食い入るように見ていて大変嬉しかったです。

新たに取り入れたラリーやカルタ、温度計で知識の習得から自分の認識の確認まで幅広く内容の濃いワークショップになったと思います。

生徒たちの発想力で私たちも戦争・紛争に対しての新たな観点を発見することが出来ました。
c0167632_16133695.jpg

今回のワークショップが私たちのチームの派遣は最後でした。
子ども兵のことや戦争・紛争についての自分の考えを深め、子どもたちと一緒に行ってきたワークショップはどれも楽しかったです!

チームの皆さんお疲れ様でした!
ありがとうございました。
ヘルプに参加してくれた皆さんも貴重な時間を割いて参加していただいて
本当にありがとうございました!

他のチームの皆さんもラストスパート楽しんできてください!
ご健闘をお祈りします。

byインストラクターいまい
[PR]

by iuip-nuis | 2012-02-06 10:40 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ