<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

5.食糧廃棄量から食生活を考える

国際理解講座データベース2010

【世界の不平等】
食糧廃棄量から食生活を考える
『Let's have a wonderful soup!~いただきます、命のスープ~』

1 趣旨
個々の食への意識を再確認することから始まり、日本の食糧廃棄量について学ぶ。そして疑似体験を通して、その世界での日本の位置づけや食糧分配の問題を知る。それにより自分達が当たり前に送ってきた食生活が実は世界では当たり前ではないことに気付く。また飢餓状態にある同世代の子ども達の命を支えているWFPの食糧支援で配給されているスープを実際に飲み、そこで自分達にとっては物足りないと感じる即時がいかにたくさんの命を救っているかを知り、自分達の生活の中に見直すべきことはないかを振り返る。

2 目的
毎日食事ができることのありがたみ、大切さを知る。その結果、食べ物に感謝し、自分の食生活をに直すことが出来ることを目的とする。

3 内容
日本の食糧廃棄量を紹介し、先進国と発展途上国の食糧分配状況について考える。WFPのスープを試食し、我々の味の感じ方とVTRで実際に学校給食でWFPのスープを配給されている子どもたちのスープを飲む姿を比較する。普段の学校給食や家庭での食生活を見直し、現在の自分達の食に対する考え方を再確認する。

4 その他
詳細や参考文献は進行シートをご覧ください。
[PR]

by iuip-nuis | 2011-03-25 12:06 | 国際理解講座データベース

『マッピー』用ボーダー

4.冠婚葬祭から異文化を考える

国際理解講座データベース2010

【異文化理解】
冠婚葬祭から異文化を考える
『はじめの一歩~冠婚葬祭から見る世界~』

1 趣旨
我々日本人にとっての伝統行事である冠婚葬祭をテーマに、自文化と多文化について考える。他国の冠婚葬祭と比較することで相違点を見つける。

2 目的
各国人の成長過程をもとに、行事(儀式)の方法や基となった背景を知り、共通点・相違点について考える。その上で、改めて自文化を意識し、文化の多様さについて気付いてもらう。最終的には世界へのつながりを感じて興味のアンテナを広げてもらう。

3 内容
ドイツ人と日本人の夫婦が新婚旅行で世界一周をしながら、各国の冠婚葬祭について理解していく。

4 その他
詳細や参考文献は進行シートをご覧下さい。
[PR]

by iuip-nuis | 2011-03-25 11:56 | 国際理解講座データベース

『マッピー』用ボーダー

3.児童労働から日常生活を考える

国際理解講座データベース2010

【世界の不平等】
児童労働から普段の生活を考える
『これ作ったのだーれ?~のぞいてみよう世界の子ども~』

1 趣旨
身近な食べ物、バナナを取り上げ、作られる過程で行われている児童労働の問題を知ってもらう。自分たちが普段使用しているものや食するものの来歴に気付いてもらい、自分たちの生活が世界と密接につながっている状況を知る。そのうえで、これからの生活をどのように送っていけばよいのかを考えてもらう。

2 目的
我々が日常の中で何気なく食べたり使用している「もの」の裏側を知ってもらい、自分たちが生きる生活の成り立ちを知ってもらう。また、世界の同世代の子どもたちの現状に関心を持たせ、生活を見直し、これからどのように生きていくかを考えてもらうきっかけを作る。

3 内容
バナナやチョコレート、サッカーボールなど児童労働で生産されているものを紹介し、身近なものが児童労働につながっていることを理解する。さらに児童労働について説明し実際の映像などを紹介する。

4 その他
詳細や参考文献は進行シートをご覧下さい。
[PR]

by iuip-nuis | 2011-03-25 11:47 | 国際理解講座データベース

『マッピー』用ボーダー

2.生物多様性から私たちの生活を考える

国際理解講座データベース2010

【環境】
生物多様性から私たちの生活を考える
『eat・eat・eat~つながりあう世界~』

1 趣旨
私たちが普段生活している基盤となっている生物多様性を取り上げる。生物多様性を生態系、種、遺伝子の点でわけ、私たち人間がどのように関係しているのかを考える。

2 目的
私たちが生活している上でどのような繋がりがありpぁ。また、どのような影響を私たちが与えているのかを考えてもらい、そこから私たちが食すものや使用するものがどこから来てできているものなのかを考えてもらう。

3 内容
私たちの生活は、土壌や河川の中に微生物を含んでいるからこそその生態系を維持し、我々にも恩恵をもたらしてくれている。維持していく過程のサイクルはとても人間には真似することのできない重要なものである。人間しだいで破壊も保護も可能なこの生態系を食物連鎖の視点から理解する。

4 その他
詳細や参考文献は進行シートをご覧下さい。
[PR]

by iuip-nuis | 2011-03-25 11:35 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

1.携帯電話から紛争を考える

国際理解講座データベース2010

【世界の現実】
携帯電話から世界の紛争を考える
『着信アリ~アフリカからの叫び~』

1 趣旨
次々と生産されるハイテク機器によって、私たちの生活は日々豊かになっている。その機器の製造において必要不可欠となっている「レアメタル」を取り上げ、「レアメタル」の採掘からその加工段階まで多くの国々が関わっている現実についてアフリカを例に考察する。

2 目的
私たちの日常使っている製品に用いられている原料が、紛争などの想像もしない悲劇につながっているという事実を自覚してもらった上で、私たちがこのような問題に対して何ができるかということについて考えてもらう。

3 内容
紛争と携帯電話(に使用されるレアメタル)との関係について考察する。世界最大規模の紛争であるにもかかわらずマスメディア等であまり取り上げられないコンゴ紛争を特に取り上げ、こうした紛争の存在を知ってもらう。このような問題と日常生活を関連付け、考えを巡らせることで今後の生活における何らかの意識転換のきっかけとする。

4 その他
詳細や参考文献は進行シートをご覧下さい。
[PR]

by iuip-nuis | 2011-03-25 11:19 | 国際理解講座データベース

『マッピー』用ボーダー

国際交流インストラクター9名が卒業しました

今年も卒業式がやってきました。
この1年、インストラクター活動を支えてきた頼もしい4年生が卒業しました。
待ち構えていた後輩たちはひとりひとりに色紙を渡していました。

c0167632_1532427.jpg


学生生活はきっと充実していたことでしょう。

『行きたくない、行かなきゃならない』
その狭間にいる卒業生。
きっとさみしい時期でもあるでしょう。
不安なこともあるでしょう。

でもこのインストラクター活動を通して
きっと本人たちが自覚していないところで
むくむくと力をつけていることは間違いないでしょう。

自身を持ってこれからそれぞれの進む道を歩んでいってほしいと思います。
そして、あとは後輩たちががんばる番です。
卒業生として、インストラクターOB OGとして
これからも引き続きどんどん関わっていってほしいと切に思います。

卒業おめでとう!

BY スタッフ のざわ
[PR]

by iuip-nuis | 2011-03-20 15:02 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ