<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

三大学合同冬季合宿を行いました。



 2009.12.26-27(土日)@ホテル角神

c0167632_17384070.jpg

          3年生がファシリテーターとして活躍しました。

今回は、インストラクター1年生いのうえさんの感想と、補足としてスタッフにいつのレポートをお伝えします。

まずはいのうえさんの感想から↓

 12月26、27日のインストラクター合宿では、今までの派遣の反省や
他の学校からの参加者の方々との交流などができ、とても充実したものになりました。

いくつかのグループに分かれて意見交換をした際、他校のインストラクター活動に興味がわいたので、機会があれば他校のワークショップを見てみたくなりました。

c0167632_1740157.jpg

休憩中のはずがみんな真剣に書いてる

また、今回の合宿ではグループ全員で次の派遣について話し合うこともできたので、
より良いワークショップを作る良い礎になったと思います。
合宿に参加された皆様、この度はお疲れ様でした。

BY インストラクターいのうえ


くわえてスタッフ にいつのレポートです。

 
 今回は敬和学園大学、新潟県立大学、県立新潟短期大学、そして本学の3大学の学生インストラクターと関係教職員が参加し、合計49名で大合宿を行いました。
 
c0167632_17432641.jpg

          コメントする教員
c0167632_17531742.jpg

          考える学生

 研修では合宿までにいたる2009年度の歩みをスライドショーで満喫したあと
 本学学生インストラクターわたなべさんによる卒研発表
 「ファシリテーターと参加者のマッチングについて」 を聞きました。

 
c0167632_17455726.jpg

         スタンバイ中?
 
 
 インストラクターたちは自分の性格とファシリテート能力について興味を持ったようでした。
後でわたなべさんからもらったファシリテーター診断シート
(なんと、わたなべさんのアンケートに協力したインストラクターすべての分のファシリテーター分析シートが用意されていました。お疲れ様です)。を見てワイワイ盛り上がっていました。

 わたなべさんによると「ファシリテーター経験が長ければ長いほど外交的な特徴が見られた」ようです。その人がもともと外交的、というのもあると思いますがもしかすると長くやっていくにつれて徐々に外交的になっていくこともあったのかもしれません・・と。

 ふと、自分自身を振り返る瞬間でした。

 その後はグループにわかれて自分たちのワークショップ、グループ、ファシリテイトの仕方について話し合いました。研修では、県大 木佐木先生、敬和事務職員 高橋さん、新潟県国際交流協会 藤縄さんのほか 本学教職員 佐々木、小林、池田、小宮山 神戸もいつものように学生たちの中に入ってコメントを促しました。

c0167632_1748313.jpg

       考え中

c0167632_17504451.jpg
 
       話し中

c0167632_17494120.jpg

       笑いがあふれる

c0167632_17525295.jpg

       余裕の表情



 研修の最後には、「異文化とどう関わるか。私たちのワークショップでは
 どのように異文化とのかかわり方について考えていけばいいのか」という問いが浮き上がりました。

 

 それに対して木佐木先生は「まずそれぞれの背景と歴史を踏まえ、違いと違いの理由を明確にすることがともかく大前提。」

 本学担当教員 小林は「異文化に対する対応をもっと明確に考えることが大事。異文化に触れた時、人の対応には、拒絶するか、受け入れるかがあるが、受け入れ方の中にも「ローカル化」という現象がある。つまり自文化にひきつけた、新しい文化を受け入れている。それらの特徴を明らかにするべき。」
 
 と答えました。これらは私にとっても頭がすっきりする考え方でした。

 それに追加するように当事業の代表責任者 佐々木は
 「そもそもワークショップで簡単に答えを見つけてはいけない。問いかけて終わる。それでいい。新潟の教育現場で大学生がワークショップを行うことの意味は、思いと言葉の間に距離がある新潟の学生たちにとって莫大な価値がある。これからもこの活動を通して一緒に新しい教育のありかたを模索しつづけたい。」
と学生たちに声援を送りました。

 1月15日からは今年度ラストの派遣期間が始まります。
 学生ひとりひとりが参加者との交流やワークショップから生まれた声を通してどんどん元気になってくれることを心から望んでいます。

 久しぶりのレポートで力が入りすぎたようで、申し訳ございません。
 スタッフにとっても大変学びのある時間でした。ありがとうございました。
 

 BY スタッフ にいつ
 

 
[PR]

by iuip-nuis | 2009-12-26 14:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

「人権」とは何か?


 黒埼南小学校で行った人権ワークショップで集まった「人権」とは何か?の答えです。


 ・MyHomeがある
 ・家がある 4
 ・食いもんがあって喰える
 ・友がいる 2
 ・差別がなくなる
 ・平和(いい)
 ・自由だ―遊べる
 ・食べ物や飲み物が飲める(食べれる)
 ・自分の悩みや考えを聞いてもらえる
 ・自分の考えでなにかできる
 ・みんな平等になかよくね 2
 ・自由・平等・争いがない
 ・幸せ 人権がないと普通のこともできなくなる。人権さいこぉ
 ・幸せ!!自分の好きなことができる
 ・友達と遊べる。友達がいる 2
 ・お金がある。
 ・自由に生きれる 2
 ・声をきいてもらえる。
 ・自分の意見や考えを聞いてもらえる。
 ・人権はあったほうがいい。差別されなくていいから。
 ・しあわせ しあわせ しあわせ
 ・人権があると平和
 ・平和!3
 ・テレビが見れる どんだけ~の泉が見れる(リンカーン)
 ・自分の好きなことができる
 ・幸せ 好きなことができる
 ・平和、皆平等、自由
 ・遊べる
 ・好きな動物がかえること?
 ・ごはんが食べられる
 ・平和だと楽しい
 ・ネコがいる(チビやチョコやミーなどにあえる!!!)
 
 (人権がないと)
 ・好きな髪型ができない
 ・お風呂に入れない 3 汚い!!
 ・テレビとか見れないこと
 ・
[PR]

by iuip-nuis | 2009-12-10 14:42 | 国際理解講座データベース

『マッピー』用ボーダー

新潟翠江高校でワークショップを実施しました

@新潟翠江高校 10:30-12:13
「パレスチナ・ナウ」 生徒15名

c0167632_1373564.jpg

                 終わった~安心の一枚

みなさんこんにちは!
「パレスチナ・ナウ」チームのいしいです。
昨日は翠江高校におじゃましました。私にとっては初めての派遣でした。

c0167632_13104614.jpg

                すごろくとパズル                                

初派遣であらためて思ったことは、WSはみんなの力で作り上げるものだということです。
私は昨日は主に1つのグループを担当していたのですが、なかなか意見を出すこと
ができない生徒さんにどうやって対応すればいいのか戸惑ってしまいました。

c0167632_13112750.jpg

                 参加者から出た声

また、自分の担当部分で精一杯になってしまい、全体を見ることができなかった
と思います。ここが私のこれからの課題です。

今後、ヘルプボランティアなどに積極的に参加して場数をふんでいきたいです。
以上です!


BY インストラクターいしい(あ)


午後  13:15-14:58
Ⅰ 「ファーストフードから見える異文化」 28名
c0167632_1317572.jpg

        ファーストフードで世界を実感!!

「ファーストフードから見える異文化」チームのいしいです。

今日の翠江高校でのワークショップ(WS)はとても充実したものになりました。

私たち異文化チームにとって初めてのWSだったため
不安や緊張でいっぱいでした。

出だしからハプニングがありましたがその後は順調に進みとても素晴らしいもの
になったと思います。
c0167632_1330259.jpg

     ジェスチャーゲーム大盛り上がり

異文化チームは4年生の先輩方が多く揃っています。
すぐに生徒と馴染むことができたり生徒に意見を出しやすくしたりする先輩方の姿を
今後のWSの参考にしたいと思いました。

c0167632_13325582.jpg

   「 ワークショップを受けてどう感じた??? 」
     

初めての発表でしたがWSを受ける側も発表する側も楽しみながらやることができたと思います。

次の派遣までに今回の反省を改善して
よりよいWSになるようにしたいと思います。


BY インストラクターいしい(い)



午後13:15-14:58
Ⅱ「学校にいけないってどういうこと?!」28名

c0167632_13385951.jpg

    学校にいけないこどもたちの総数はこれっ!

「学校に行けないってどういうこと?!」チームのばばです。
今日、翠江高校に派遣に行ってきました。

今回、私たちのワークショップの目的:

貧困や児童労働などの理由で学校に通えず、自らが直面している悪循環から抜け出すことが出来ずにいる子どもたちについて知ってもらう。また、その解決策を考えてもらう。


でしたが、上のことは、達成できた方なのではないかと思います。
しかし、反省点、改善点も多くありました。

c0167632_13364459.jpg

    わいわいとグループワーク

一番の反省点は、準備に時間をかけすぎて、リハーサルを全員で行えなかったことです。
また、内容も細部まで決まっていないところがあり、スムーズに進められませんでした。

c0167632_1341456.jpg

        劇です。文字が読めないとこんな困ったことになる!

改善点では、グループに分かれたときの机の向きを横長にしてしまい、黒板に背
を向ける座り方になる人がいたので、全員が黒板を見れる配置にすることなどが
ありました。

今回のWSで学んだことは次回に活かしたいと思います。

BY インストラクターばば
[PR]

by iuip-nuis | 2009-12-04 10:30 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

中学生のプレゼンテーションを見学に二葉中学校へ行ってきました

こんばんは
お茶チームのインストラクターおおのです。

今日同じくお茶チームインストラクターのさとうさんと二葉中に行ってきました。

私たちは9月にワークショップを二葉中でおこなったさいに
中学校の先生から「あなたたちのワークショップをもとに
12月に生徒がASFの留学生にプレゼンテーションするので
来てください」といわれていたからです。
二葉中でのワークショップの様子はこちらから

生徒たちが私たちのことを覚えていてくれて嬉しかったです。

プレゼンでは留学生に柿の種を食べさせたり
カルタをさせたりと実際に体験してもらっていました。

私たちがお茶を飲んでもらうワークショップをしたので
それが生かされていたと感動しました。

また、留学生は参加者は違いますが、国情大に14日に来るそうです。

さらに、AFSの方の話によると
私がかかわっているラオスク(ラオスに学校を建てようプロジェクト)の支援団体、
ナスビア主催の「ハッピーニューイヤーパーティー」12月23日にも参加するそう
です。
このパーティーは新年祝いを紹介しあうパーティーです。
(皆さんも参加してくださいね☆)

新潟で国際関係の団体は限定されていてせまいなぁと感じました。

また、私たちのワークショップがちゃんと意味があると実感しました。


BY インストラクターおおの
[PR]

by iuip-nuis | 2009-12-02 14:00 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ