<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

派遣を前に、冬季合宿をおこないました。

2009.1.29-30@ホテル角神

c0167632_11402073.jpg

この写真は国際交流インストラクターが一年間の成果をまとめたインストラクター活動映像DVDを見て、各々のグループが自分たちのワークショップのふりかえりを行っているところです。

c0167632_11432254.jpg


自分のグループのWSの内容やワークショップを行う中で自分なりに達成できたこと、WSをやるうえで、不安なところ、または直したいところ・自分のグループの自慢できるところなどを各グループが発表しています。

時には、厳しい意見も飛び交いましたが、みんな、その意見を真摯に受け止めていました。
今年度のWSが去年のWSよりも、よりパワーアップしたものになることを目的として去年から行っています。
 インストラクターみなさんは、真剣そのものですね。

真剣にシートに思いを書き込むインストラクターフォトアルバムはこちらから

c0167632_1140473.jpg

                  インストラクターたち、考える

c0167632_1141652.jpg
                 いけだ先生が見守る
c0167632_11412523.jpg
                まつもと先生が見守る
c0167632_11414729.jpg
     
                  スタッフが参加する
 
インストラクターながせ

=============================
(合宿終了後の報告メールも転載)

チーム多文化のなかじょうです。

報告が遅くなりましたが、先月末の29、30日にインストラクター冬期合宿に行ってきました。

いくつかのグループに分かれて今までの活動を振り返り、不安な点をみんなで話し合いました。

活動を行った学校の生徒や先生の反応もリストアップされて知ることができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

留学から帰ってきた二年生の方々と久しぶりに接することができ、他校の先生方ともお話する機会があり、私的にも貴重な時間を過ごすことができました。

欲を言えば一年生が少なかったので、少し寂しく感じました。
とても素晴らしい合宿だったので
来年は県短や敬和の方も含め、もっとたくさんの方に参加して欲しいです。


インストラクターなかじょう
[PR]

by iuip-nuis | 2009-01-29 14:30

『マッピー』用ボーダー

万代高校にて「学校にいけない子どもたち」ワークショップを行いました。

c0167632_11315941.jpg



1月28日に万代高等学校にワークショップしに行きました!!
テーマは「学校に行けない子どもたち」でした。

事前にアンケートをとり、高校生の興味や知識がどれだけあるか調査し、それをもとにワークショップを作りました。高校生なので説明よりはグループワークで考える展開をたくさん用意しました。

またNGOや実際のストリートチルドレンの話など具体例を提示できました。

高校生は初めは態度がよくなかっけどアイスブレーキング後、次第に態度がかわり、前のめりになったり食いつきが良くなりました。


個人的な感想は
・鋭い意見が多かった
・ファシリテーターとして意見を引き出すことができた
・自信を持って前で発表することが大事だとわかった
・JICAに展示されてたクイズを応用して、入れたことで合宿の成果がだせた。
・グループワークで「シーン…」ってなったときの対処方法がわからなかった


でもファシリテーター全員の感想としては「高校生対象のワークショップはめっちゃ楽しい!!!!!!」でした。


感想の最後の項目の【グループワークで「シーン…」ってなったときの対処方法がわからない】は今後のワークショップでも遭遇する場面だと思います。
明日の合宿でその「対処方法」を学び、考えてファシリテーターとしての腕を磨きたいです!!!

インストラクター おおの

c0167632_17233058.jpg

英語科2年生のみなさんの前でワークショップです。

c0167632_17224497.jpg

「学校に行くとできること」を書いてもらっています。

c0167632_17211860.jpg

打ち合わせもみんな真剣!
[PR]

by iuip-nuis | 2009-01-28 14:25 | ワークショップ派遣報告

『マッピー』用ボーダー

映画「GATE」の上映会をおこないました

2009年1月13日@国際交流センター セミナールーム

 この日は核兵器解体基金(GNDF)
が制作した映画「GATE」の試写会を有志で行いました。

試写会をコーディネイトしたインストラクター ほんだは、映画鑑賞後、
このように感想を語っています。

「主人公のお坊さんたちが平和のために行脚するというものでしたが、宗教的な印
象はなく、すごくおもしろかった。
平和な世界にしたいという願いは、国境を越えて多くの人と共感できるということに感動しました。また、バックグラウンドの音楽も素敵で涙をそそります。
もっともっと多くの人に観てもらいたい映画です!!」

私個人としては 広島被爆者、ツタモリさんの「What can we do as individual ?(わたしたちひとりひとりになにができるのか?」 という問いがやはり印象にのこりました。
みせかたに、とてもこだわった映画です。

キャストはすべてノーギャラらしく、ロシア音楽界の巨匠といわれるプレトニョフは
GNDF新潟事務局西山さんによると、なんとプーチンと一緒にこの映画をみて、ボランティア演奏を申し出たらしい・・です。

想像力がかきたてられた瞬間でした。


BY インストラクターほんだ&スタッフ にいつ
[PR]

by iuip-nuis | 2009-01-13 16:30 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ