<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『マッピー』用ボーダー

青年海外協力隊OBが語る「本で読めない世界の現実」講座 バート3 ミクロネシア編 

 今回で最終講座となる第3回。トリを飾るのは「ミクロネシア連邦」。
赴任先であるミクロネシアのコスラエ島で、小学校を対象とした環境教育の授業を行っていた小田敏行さんに講師をしていただきました。

 
現地では、「イラストやクイズ・ゲームなどでわかりやすく、楽しい授業をめざしていた」という小田さん。実際にミクロネシアで使われている道具や装飾品などを使い、ゲームも交えながらの講座で、みんな時間を忘れてしまうくらい中身の詰まった楽しいものでした。

実は…今まで「ミクロネシア」という国、位置を知りませんでした。

なんと!!

ミクロネシアの年配層の人はきれいな日本語、さらに敬語まで話せるそうです。
これは、かつて日本がミクロネシアを統治し、日本人も多く住んでいたためです。ここには歴史的背景があるのですね。


南の島といえば???…バナナ!を思い浮かべませんか?
ミクロネシアでは、数種類のバナナが多く採れます。
その分調理法もいろいろ!!蒸して食べたり、焼いて食べたり。赤いバナナは薬用にも最適だそうです!!バナナ好きの私にとってはうらやましい限りです…
 
また、インスタントラーメンを食べるとき…。
ん?!インスタントラーメン?!?!と思うかも知れませんが、ミクロネシアでは私たちと違った食べ方をします。
それは!ミクロネシアでは手で食べることが一般的。だからアツアツを食べるのではなく、冷ましてから食べるのだそうです。ここにも異文化発見です!!

 
ミクロネシアのコスラエ島には、マングローブをはじめ豊かな自然がいっぱいです。その一方で、ごみ問題や地球温暖化が深刻となっているのが事実です。
これらは、先進国が引き起こした問題です。ごみ問題では分別の仕方がわからず、すべて一箇所に捨てられていて、日本製の中古車や輸入物も多く見られるそうです。
先進国によって引き起こされた問題ですが、その被害が発展途上国へも及んでいるということを忘れてはなりません。

3回にわたって行われてきたJICA青年海外協力隊OBによる連続講座。異文化の新発見と同時に、それぞれが抱えている問題を再認識できた講座でした!!BY みながわ

c0167632_1640456.jpg

写真① 体も使って丁寧に説明してくれました。

c0167632_16411313.jpg

写真② 被っているのは!!貝がらの装飾品。 きれいでしょ!

c0167632_16414177.jpg

写真③ これ、何に使うんだろう…

c0167632_16415688.jpg

写真④ バナナを手に、考え中。
[PR]

by iuip-nuis | 2008-11-24 18:00 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

青年海外協力隊員が語る!本で読めない世界の現実 パート2 ガーナ編

10月17日(月)第2回JICA 青年海外協力隊OBによる連続講座が行われました。
「本で読めない世界の現実」―青年海外協力隊が見た世界の日常生活―をテーマに、第1回のタイ王国編に引き続き、今回は「ガーナ共和国」編ということで講座をしていただきました。
 講師は、松原孝和さん。
「ガーナ共和国」と聞いてどんなイメージが浮かぶでしょうか。カカオ?金?

松原さんが見たガーナの人々や日常生活は、私たちの知らなかったガーナであり、それは驚きと発見の連続でした。
まず、「ガーナでは最後に遠慮」
というのは…ガーナの人に「お金くれ!」「食べ物くれ!」と話しかけられて、
それを断ると…「小さい、ケチな人間だ」と思われるそうです。

でも実際には、それを断るのではなく「いいよ!」と返すと、どんな反応が返ってくると思いますか?相手は「いや、けっこうだよ」と断るそうです。
このように、「最後に遠慮」することがガーナ文化なのです。これはおもしろいですね!!

 現地に行かなければ知ることのできない、人々の生活。それを肌で感じ、経験してきた青年海外協力隊の方によるお話は、テーマの名の通り、本では知り得ない知識をどんどん与えてくれました。 

BY インストラクター みながわ

(写真1:料理の紹介をしてくれています)
c0167632_10122538.jpg


(写真2:真剣なまなざしのインストラクター)
c0167632_10131186.jpg

(写真3:アクテビティになると盛り上がるインストラクター 熱中しています)
c0167632_10141093.jpg


※今回はOGの五十嵐さんも来てくれました。この活動は現役生だけでなく、OBOGに見守られながらもすくすくと育っているようです。(にいつ談)
 
[PR]

by iuip-nuis | 2008-11-17 18:00 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

国際交流インストラクターのブログ開設しました。

WEBサイトのリニューアルにともなって国際交流インストラクターの活動レポートブログをいよいよ開始いたしました!

ここでは主に 

 「国際交流インストラクター活動レポート(インストラクターニュース)」
 「関連イベント情報」
 「GP事務室からのお知らせ(新着図書・映像のお知らせや国際関係豆知識など)」

などを提供します。日々活動に関わる国際交流インストラクター学生の皆さんはもちろん、活動をもっと細かく知りたいと思われる方にとっても、魅力ある内容になればと思います。

                    どうぞよろしくお願いします。

新潟国際情報大学 現代GP事務室 ↓

c0167632_1335141.jpg

 新潟国際情報大学みずき野キャンパス2F
国際交流センターの奥にあります。

[PR]

by iuip-nuis | 2008-11-13 13:43 | お知らせ

『マッピー』用ボーダー

青年海外協力隊OBが語る「本で読めない世界の現実」講座 バート1 タイ王国編 

c0167632_1758183.jpg

(↑あいさつのポース。どこの国でしょう??)

上記タイトルの講座を11月10日(月)18:00-19:30 国際交流センターで行いました。講師は山田規央さんです。
赴任国は、ビルマ(ミャンマー)、ラオス、カンボジア、マレーシアに囲まれた
そうです、タイ王国です。
山田さんは理学療法士として2年間タイ王国のプラプラデン州にいらっしゃいました。

ということで、今回は本では読めないタイ王国を細かく学びました!

タイと聞くと私は「観光国」のイメージがこびりついて、東北タイと都市部の格差はすごいということはわかってましたが、はっきりいって頭がさびかけて忘れていました。
以前の旅行で残っていたのはバンコクの超高層ビルのインパクトです。
タイは私のなかでけっこう「進んで」いる国で、無意識にもう知っている国として見ていました。(すみません)

だから山田さんがスライド紹介とともにタイの社会問題として、貧困を中心に、山岳少数民族・難民・人身売買・少子高齢化・エイズ・若年妊娠・障害児・者・交通事故などを提示したとき
ひやりとしました。「浅はかですみませんでした!」と思いました。

それら問題を見て、線路の脇や繁華街の隣にあったスラムやバンコクの空気がめちゃめちゃ汚かったこと、北部にはまるで何もなかったこと、山岳民族の村では、都市から持ち込まれたアメとかお菓子のゴミが沢山放置されていたこと、など旅行でみたタイの姿を少しずつ思い出しました。

その時は真剣に考えていたつもりでも、時間がたつにつれて、だんだん忘れていき、断片的な記憶でその国のイメージを勝手につくりだしてしまうのは、やっぱり怖いなぁと思いました。

学生じゃないので申し訳ないのですが、山田さんの講座のおかげで私個人の中でもタイ王国のイメージがふたたび動き始めました。古びた頭も少し学びモードになりました。

実は、山田さんは2年前のインストラクターたちが行けなかったタイスタディツアーのため、
赴任前も本学にお話に来てくれていたのです。

今回の企画はタイで山田さんに再会できなかったインストラクターが「やろう!」
と考えたリベンジ企画でもありました。

山田さん、本当にありがとうございました。

講座には敬和学園大学のインストラクターOG高橋さんも参加してくれました。
この活動にも、すこしずつ歴史が生まれているようで、うれしかったです。

講座のあとは「タイに、アジアに行きたいなぁ!!」と思いましたが、すぐには行けないので、とりあえず紹介されたタイ料理屋さんに皆でご飯を食べに行きました。
おいしかったです。

店のなかに香る独特なにおいにタイを感じた夜でした。

 (ファッションshowもやりました↓)
c0167632_17585957.jpg
c0167632_17595256.jpg


BY GPスタッフ にいつ
[PR]

by iuip-nuis | 2008-11-10 18:00 | インストラクターニュース

『マッピー』用ボーダー

ブログトップ