阿賀野市立京ヶ瀬中学校においてワークショップ「さべつってなんだろう」を行いました

9月5日(火)
@阿賀野市立京ヶ瀬中学校
対象:3年生 64名
ワークショップタイトル:
『さべつってなんだろう ~日本人ってきれいずき?~』
(世界の不平等)

・・・・・・・・・・・

こんにちは。
国際情報大学2年の玉城瑠衣です。

9月5日に阿賀野市立京ヶ瀬中学校3年生を対象に
110分の「さべつってなんだろう~日本人ってキレイ好き?」
という偏見からくる差別についてのワークショップをさせていただきました。


c0167632_15292958.jpg


内容は、初めにグループ内で大学生が、
大学に進学した理由や大学で学んでいること、
私たちがワークショップをこのテーマにした理由などを話し、
国際理解について説明をしました。


次に、アイスブレイクで椅子取りゲームをした後、
日本人、中国人、アメリカ人の3つの単語からイメージするものを挙げてもらい、偏見と差別という言葉の説明をしました。

その後、日本人が外国人に持つ偏見、差別という内容の動画を見てもらい、
その動画から日本人が外国人に対してどのような偏見を持っていたか、
そこからみられるこうどうはどのようなものがあったかなどを
考えてもらいました。


c0167632_15294614.jpg


今回、「国際理解」という言葉の説明をワークショップ内で取り入れることが
私自身初めてのことでした。

参加者が国際理解について事前学習をしていたこともありますが、
ワークショップの入りとしてスムーズにできたと思います。


反省点として、動画を見せるタイミングやアイスブレイクの細かいところなど、
もう少し工夫できたなと思うところがいくつかありました。

京ヶ瀬中学校でのワークショップは私たちにとって最初の派遣でしたが、
大きな問題はなくワークショップができました。


今後も後期派遣に向け、より良いワークショップができるように活動していきたいと思います。
c0167632_15300400.jpg

byインストラクターたまき

[PR]

by iuip-nuis | 2017-09-05 13:40

『マッピー』用ボーダー

<< 柏崎市立鏡ヶ沖中学校においてワ... 新潟市立潟東小学校においてワー... >>

ブログトップ